2006年10月09日

釣りとバーベキュー

おなじみの社長さん船

夜明けの神崎漁港にやってきた。今日は大潮で潮止まりが午前9時頃らしいので遅めの出発。そして、まず近海で小さなアジとタイを狙って、あとから大物のイサキを狙うという。大物は数釣れんから小物だけでいいんやけどな〜。どちらかというと弁当のおかずになるサバを釣りたい。

日差しが強い

ほんま今日はいい天気やね〜。日差しが強くて焼けそうやわ。波も穏やかやし、まわりに船も少ない。

小さっ

出航後すぐに竿をおろすと、まず釣れたのは小さなタイ。これほんまに小さいな〜。

これも小さい

そしてアジ。狙い通りやけど、えらい小さいな〜。仕掛けはサビキで、入れたらすぐに4,5匹かかるという入れ食い状態。途中からはエサなしでもかかるようになった。入れ食いもしんどいな〜。もっとゆっくり釣りたいわ。

見たことないし

次にかかったのがこれ。何ですか?まるで熱帯魚みたい。上鰭と下鰭には長いひものようなものがついてた。写真には写ってないけど。体長25cmくらいかな。BEの誰かご教授下され。

南蛮漬けかな

出航30分ほどで4つの水槽ともにこんなに釣れた。もう何匹いるかわからん。

うまいんやこれが

ちょっと小休止して、釣れんかった時のために船長さんが準備してくれたタイとカンパチの刺身を食べる。釣れたてのを漁師さんからもらってきたとあって鮮度は抜群。さすがに旨いね〜。刺身食べながらの釣りなんて贅沢やわ。そして潮止まりになるとぴたっと釣れんくなった。潮止まりっていうだけで入れ食い状態から突然全く釣れなくなるのが不思議やった。

右奥が船長さん

そして始めたのがバーベキュー。まさか船の上で釣りしながらバーベキューするとはね。これがまた旨かった。

秋刀魚の煙

サンマなんぞも焼いてみる。毎回いろんな提案をしてくれる船長さんは楽しい。さすが社長だけあるね。

爆走

たらふく食べてたらふく飲んでイサキを狙いに佐賀関沖に移動。船には飲酒運転というものがないらしい。事故さえ起こさんかったらええんやて。海は広いしね。最近の船はリモコンで遠隔操作。前なんて全然見てへん。

4分けしたあとの釣果

結局佐賀関沖に移動しても1匹もかからんかった。他の船が全然釣れてないっていうんやから移動せんでもよかったのになぁ。どうせなら関アジを釣りたかったくらい。もちろん関サバも。そしていつものように社長さんのお兄さんからお店に出す用の太刀魚を20匹ほどもらって帰宅。本日の釣果はアジ、タイ、ハゲ、オコゼ、メバル、熱帯魚らしきもの、の6種。いちばんアジが多かったな〜。今夜の夕食はごちそうやね。

魚嫌い

ハルミちゃんとフーちゃんが出迎えてくれて、さっそくアジを1匹プレゼント。
あれ?全く近寄りもしませんよ。しかもにおうことさえしない。あなたたちはほんまに猫ですか?

じ〜っ

フーちゃんの鼻にアジをつけてみたら生臭さに嫌がったほど。猫は魚好きやないの?もしかして、さばいてやらんと食べれんとか?えらい贅沢になったな〜。残念ながらこのアジは遊んでもらうこともなかった…。

また行きたい。
posted by nakacorn at 17:35| Comment(10) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

関アジ釣り

3時30分に家を出て、大在の神埼漁港から知人の船に乗せてもらってアジ釣りに行ってきた。狙いは佐賀関沖のアジ狙い。俗にいわれるところの関アジ。

海上渋滞中

5時すぎ、竿をおろすといきなりきた。

でかっ、これぞ関アジ

デジカメ画像つぶれてて変な色になってわかりにくいけど、これくらいの大きさ。

いい感じに顔がつぶれた

これから入れ食いで、8本のサビキに1匹から3匹かかった。

ぷりぷりですよ

まずは釣りたてを刺身にしてもらった。身がしまってて旨かったね〜。横に並んでるのは、釣れなかった時のために準備してもらった天然の鯛を刺身にしたもの。この鯛、80cmくらいあった立派なもの。これも旨かった。でも、漁師さんが言うには、釣りたては天然より養殖のほうが旨いらしい。へ〜。

快晴

雲ひとつない天気で最高の釣り日和。G.W.ということもあって海上は大渋滞。見渡す限り漁船だらけやった。
7時と12時の潮止まりの間はピタッと釣れなくなって、その間は酒盛りしてたけどあとは入れ食いやった。それからちょっと粘って13時頃まで流して引き上げた。

かんかん照り

ほんまにいい天気やったね〜。

なかなか大きい船でしょ

本日の釣果は30cmから50cmくらいのアジ44匹。3人で44匹やし大漁かな。

これだけやないよ

まだまだある。

誰が食べんねん・・・

そして仲間の漁師さんにいただいた太刀魚。

きれい〜

見事な太刀魚。それでも細身で商品価値がないからと譲ってくれた。おおきに〜。
半日、テントの下の日陰で釣ってたにも関わらず、こんなに焼けてた。

紫外線強すぎ

帰宅して鏡見てさらにびっくり。ゆでだこがおった。ほんまよう焼けたわ〜。
去年のG.W.は1匹も釣れへんし寒くて震えてたから今回は満足やった。また夏に連れてってもらおっと。
posted by nakacorn at 16:14| Comment(2) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

佐賀関〜臼杵沖

G.W.のリベンジで再び漁船に乗って釣りに行ってきた。
今回は、関アジ、関サバで有名な佐賀関沖から臼杵沖へと流し、サバとイサキを狙う。
他の漁船より二周りは大きな漁船に船長含めて4人と少人数。

曇り空

4:00に神崎漁港を出港して、およそ1時間30分。初めのポイントに到着。
魚探をもとに電動リールで45m付近を狙う。
すると、ここでは狙ったとおりのイサキがヒット。しかも40〜50cmとかなり大きい。

大漁

ほぼ入れ食い状態で5匹あげて次のポイントへ。
しかし、移動してからさっぱりかからなくなり、2時間ほど漂う。
それからしばらくして、イシダイの子どもをダブルでヒット。
そして、50cmはあろうかという立派なイシダイをあげた。

今日一番の釣果

それからハゲを5匹あげ、昼も近くなったので引きあげようとした時、船長さんの仕掛けになにやらとてつもない大きなものがかかった。

角が鋭い

初めはブリか?≠ネんて言ってたけど、あがったものは・・・、ホオジロザメ。体長1.2mやった。船長さんもサメは初めてらしく驚いてた。

顔はとってもかわいい

浅瀬でクロメを採って本日の釣りは終了。
ホオジロザメをその場でさばいて、刺身をいただく。タイのような淡白な白身でなかなか旨かった。そして肝がまた絶品で、日本酒を嗜みながらほろ酔い気分で港に戻ったのであった。

posted by nakacorn at 17:44| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

ボートフィッシング



慶良間ダイブの次は釣り。

海好きなおっちゃんの船に乗せてもらい、荒れ狂う豊後水道を疾走して佐田岬方面に疾走すること20分。足元に水がたまってきた・・・。のーーーーんっっ!浸水してるぅっっっ!せんちょ〜っっっ!とりあえずポンプで排水するも追いつかず、このままではチン(カヌー用語?)。初めてのマリントラブル(?)に船長もたじたじ。なんとかスピードを落とすと大丈夫なことが判明して、のろのろと引き返すことに。
途中、サビキを垂らしてみると水深110mと関アジの絶好ポイントに遭遇。これぞ不幸中の幸い。魚探にも群れがうつっている。しかぁし、魚信はまったくなし。電動リールで一気に巻き上げるももちろん収穫なし。帰るか・・・。

結局、佐賀関沖から新日鉄沖までポイントを変えながら関アジを狙うが、全くかからず。
このあたりから波も穏やか、日差しも暖かくなり、クルージングを楽しむ。周りの船からも「なぁんもきちょらんで」ってことで、網にかかった50cmはあろうかという鯛を刺身にしてもらって日本酒片手に宴会はじまり〜。もう関アジなんてどうでもいい。

早朝から昼過ぎまで粘って、ベラ1匹のみの収穫。これほどまでアタリがないのは珍しいと慰みをいただく。なんでも地震の影響らしい。

結局、お土産に鯛を2匹もらって帰る。
とりあえず漁船クルージングを楽しんだ1日。
あんなに揺れた船ははじめてかなぁ。
船酔いは大丈夫だったが、酒酔いはげしかったね〜。
区別・・・、つく? 

posted by nakacorn at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。