2007年09月08日

信州そばツアー

今日は雨?

雨上がりのまだ薄暗い夜明け、5時 20分に自宅を出発。

普通か…

5時 30分京都発米原行き普通電車はすでにホームに入ってた。

あと 2回

「青春 18きっぷ」も 4つ目であと残りひとつ。そして期限は 9月 10日まで。

時刻表は?

きのう、事前に下調べしといた資料を会社に置いてきた…。今朝、慌てて電車の時刻だけ手書きでメモ。現地で回る予定のお店情報も全くなし。現地で時間取られそうやな〜。なんで忘れたんやろ…。仕事の合間を縫って(?)作った資料やったのに…。そう、今週ほとんど仕事してへん。もう完全に気が抜けてて…。仕事しなはれ。

なんで?

6時 36分、米原駅到着。始発だけあってがらがらの電車やったのに、京都駅でいきなり隣に座ってきた 25歳くらいの青年に「???」やった。もしかしてホモ?nakacorn にそんな気はまったくあれへん。その青年は、米原までずっと隣に座ってた。あ〜、怖かった。といいつつ爆睡やったけど。

乗り継ぎ悪い

6時 55分米原発大垣行きの電車に乗り換える。

がらがら

この時間はまだがらがら。田園風景の中を走るのもいいね。

中津川で中継

大垣で名古屋行きの電車に乗り換え、さらに名古屋発多治見行き電車に乗り換え。そして、多治見発中津川行きの電車に乗り換える。この時間帯は短距離列車しかあれへんらしい。

40分

9時 38分、中津川駅到着。松本行きの電車は 10時 16分発やし、約 40分時間を持て余した。

何もあれへん

一旦改札を出て中津川市街を散策。何もありませんよ…。

大混雑

ぶらっと一周まわってきて、10時すぎに中津川駅へ。えらい混雑やな〜。

古っ

ここからは国道 19号線沿いに複線と単線が入り交じる。各駅停車で、しかも駅間の距離が短いから時間のかかること。スピードも遅いし振動も大きい。ここは特急に乗りたいところ。

7時間

京都を出て 7時間、12時 29分松本駅到着。長かった。

様変わり

松本に来たのは、1年半前の S2000 でのドライブ以来。ずいぶん街が整備されて綺麗になったな〜。

国宝

公園通りから伊勢町通り、本町通り、大名町通りと歩いて松本城に向かう。正式名称は、「国宝松本城」らしい。築城四百余年、彦根城と同時期なんやな〜。

天守だけ?

天守についての説明。国宝って天守だけ?

何度目?

天守閣を臨む公園からの景色もいい。実は松本城に来るのは 4回目くらい。全部夜やったしほとんど見えへんかったけど。やっぱり昼間に見るのと雰囲気は全然違う。

南から

工事してるものの、その雰囲気に圧倒される。ぼ〜っと眺めてた。

北西から

北西に回り込む。お城の白と赤のコントラストがいいね。

す〜っと

す〜っと白鳥(?)がやってきたしもう一枚撮影。「白い鳥」と書いて「白鳥」と読む、おかしい?

リストに…

松本城の西にそば処『そば庄』がある。これリストに挙げてたかな〜。でも記憶にあれへんし…、ちょっと本屋で調べてまた帰ってくることにしよっと。

賭け

行き当たりばったりで松本城南側にある『川船』にやってきた。

失敗?

店員の対応はいまいちなお店。カウンターに座って「もりそば」を注文。

失敗

もりそば \800-

これで \800- も取んの?しかもコシも全然あれへんし、店員は一度盛った蕎麦を減らして自分で食べてるし…、失敗やったな〜。お城のすぐ近くにあるから努力せんでもお客さん来るし手を抜いてるとしか考えられへん。やっぱり下調べが必要やと思ったね…。全然おいしいと思えへんかった…。

川船
松本市大手 3-9-18
0263-33-7107
11:00-14:30, 17:30〜21:00(不定休)


ええもんめっけ

松本駅方向に歩いてると、「松本市観光情報センター」が目に入った。ここでパンフをあさって、ネットの繋がるコンピュータが 2台置いてあったし蕎麦情報を集める。2件のそば屋さんと 1件のお土産屋さんをゲット。

ぐるっと

松本城の東側を歩くと、「太鼓門」があった。ここから中にも入れるらしい。

どこ?

松本城北側にある裁判所をさらに北に行くと、重要文化財に指定されてる「旧開智学校」が見える。

よっしゃ

そこから東に 200m 進むと見えてくるのが『五兵衛』。蕎麦の起源地とされてる中国雲南省、チベット、モンゴル、ネパール等の高度 2,000m を超える高地のみで栽培されてる黄色い蕎麦、「ダッタン蕎麦」が食べれるお店。もちろんこれを目的にやってきた。

1組

夫婦 2人で経営してる小ぶりなお店で、お昼時っていうのにお客さんは 1組しかおれへんかった。「ダッタン蕎麦」をお願いすると「売り切れました」との冷たい言葉。その瞬間、店を出ようと思ったけど、もうひとつの一品「粗挽き生粉打ち蕎麦」を注文、するとこれも売れ切れとの冷たい言葉。もう一度店を出ようか迷ったけど、仕方なくもりそばを注文した。

イケる

せいろ \750-

信州に来て納得できる蕎麦やった。コシがあっておいしかった。このお店のこだわりは、そば粉 10 に対して、小麦粉 2 の「そと 2」つなぎであること。これによっておいしさをあげてるらしい。ちなみに「粗挽き生粉打ち蕎麦」は十割とのこと。そば湯も濃くておいしかった。蕎麦の「グルメツアー」としては目的を達成したやろか。

たぷたぷ

そば湯はちょっと多すぎた。半分以上残したね。メニューは盛りそばの他に、上の限定品、あとはとろろや玉子が入った蕎麦の 4種類だけ。注文してから蕎麦を目の前で打つから時間はかかるけど打ち立ての蕎麦が食べれる。このお店はお薦め。次は「ダッタン蕎麦」を食べたい。前日に予約しとけば取っておいとくれるとのこと。

そば屋 五兵衛
松本市開智 2丁目 2-17
0726-33-9332
11:00-15:00(水曜休み)
http://park11.wakwak.com/~gohei/


このお店からすぐ南に 3分ほど歩く。

吟醸そば

すると、『そば処 もとき』が現れる。ここは「吟醸そば」で有名らしい。信州の蕎麦屋さんは、そのお店独特のこだわりを持ってるところが多い。逆に、そのこだわりがあれへんお店は流行ってないように思える。

混雑

店内は広く 2階席まであって、大量に客をこなす感じ。入店当時もいっぱいで相席をお願いされた。

吟醸?

もりそば(二枚) \1,200-

二段

二段になってるから「二枚」って言うんやね。ちなみにこのお店では「二枚」が標準で、どうしても食べれへん人には「一枚」でも出してくれるという。蕎麦の色は白っぽくて短く切れてる。そしてこんにゃくのような食感。これが「吟醸そば」というものらしい。ネタにはいいと思うしまずくはないけど、また食べたいとは思えへんな〜。でも、純粋においしいとは思う。

そば処 もとき
松本市開智 2-2-32
0263-36-3410
http://www.geocities.jp/motoki_soba/


散歩

3軒はしごして松本市街を散策。

セイコーエプソン?

松本市時計博物館を横目に見ながら散歩を続ける。

ほんま?

江戸時代から二百余年飴を作り続けてるという『飯田屋飴店』を探してたんやけど、見つからへんかった。住所と地図からするとこのお店なんやけど、飴屋は飴屋でも名前が違う。しかも閉まってるし…。

近代的

時間ないしあきらめて松本駅に戻ってきた。よく見たらガラス張りの建物に改装されてた。いつの間に?えらい綺麗になってたな〜。

帰路へ

14時 17分松本発中津川行きの電車に乗るために 0番ホームへ。

恐ろし

がらがらやと思ってたらオバタリアンが集まってきた。中津川までの 2時間半しゃべり放し。「よくそんなくだらんネタで盛り上がれるな〜」と感心したほど。うるさくて寝ることもできへんかった。

遠い

18時 8分中津川発名古屋行き電車を待つ。本来は、塩尻から中央本線を東京方面に向かって、「信濃境」に行きたかった。ドラマ「青い鳥」の舞台となった駅と町で、「いま、会いにゆきます」の舞台ともなった場所。あまりにローカルなところで、電車は 1時間に 1本、往復 2時間で乗り継ぎの時刻が合わず今回は断念した。

快速

快速でも名古屋まで 1時間 30分、結構遠いところまで来てるんやと初めて自覚した。

子供最悪

帰りはがらがら。六両編成も必要なんかと思うくらい。

ほっ

名古屋から新快速で米原へ。そして米原から新快速で京都に向かう。米原まで戻ってきてびわこ線に乗ると帰ってきたことを実感する。京都まで爆睡であっという間やった。片道 7時間はさすがに遠かったな〜。
posted by nakacorn at 23:52| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
列車の旅もおもしろそうですね、ただ変わった乗客と一緒になった時の事を考えると、抵抗ありますね。いつか挑戦してみます。
Posted by hiko at 2007年09月09日 15:58
電車の旅の醍醐味は、旅先で知り合いを作ることではないでしょうか?電車好きには変わり者も多いので見極めには注意が必要ですけどね〜。酔っぱらいが多いというのも注意しないといけません…。
Posted by nakacorn at 2007年09月09日 21:22
旅行は車がいいです。カメラが重いので…

信州そばよりおいしい伊吹そばがあるらしいですよ。。。
Posted by jackpot at 2007年09月09日 21:33
身近な町を歩いてみることをお薦めする。
味覚なんて人それぞれ。何がおいしいかは自分で決めるものだと思ってます。
Posted by nakacorn at 2007年09月09日 22:24
18切符ですね。
電車の旅も楽しそうですね。

昔々は東京まで行ったことが(^^;)

でも、グルメはやっぱり地元の評判がいちばんですよ(^^;)
その土地の評判の良いところは、はずれが少ないです。
(ないとはいえませんが。。。)
Posted by ぴかちゅう at 2007年09月10日 00:17
リタイアされたと思われる方々が「青春 18きっぷ」片手にたくさんハイキングされてました。これは使えますね〜。期限もありますし、特に行きたくなくても使わざるを得ない気持ちにさせてくれます。電車好きでなければつらいかもしれませんけど。

地元の評判ですか〜。その評判を集めるのがいちばん難しそうです。
最近の、ネットの評判は作られたものが多いと感じますね。
Posted by nakacorn at 2007年09月10日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。