2006年08月31日

平衡感覚

今日1日、腕時計なしで過ごした。たったひとつの腕時計がこんなに平衡感覚を狂わすのかと思うくらい歩きにくかった。現在時刻を確認するというより平衡感覚を保つためというちょっと違う意味で腕時計は手放せないと思った。
posted by nakacorn at 23:22| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

プチ断食

きのうのお昼から30時間のプチ断食。意を決して挑んだ訳ではなくて、ただ食べる機会に恵まれなかっただけのこと。でも空腹感は全くなかった。そんな今、コシの強い稲庭うどんを冷やしうどんで堪能中。
学生時代、二週間断食したことがある。初めの5日間は頭痛と疲労に悩まされ階段を登れないほどやった。でも6日目あたりから身体が軽くなっていった。あの感覚は今でも不思議に思う。それから一週間水だけで過ごした。胃腸がすっきりした気もしたけど、断食が何に効果があったのかはっきりしない。
posted by nakacorn at 00:11| Comment(4) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

競輪選手並?

富士山に登ってからというもの、両太股がパンパンになってる。ジーンズを履くと歩くのがつらい。もともと太股は太いほうだけに、かなり違和感を感じる。決して太ったわけではない。
posted by nakacorn at 23:25| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

夜空のムコウ

星ひとつ見えない

ふと空を見上げた。きのう七合目から見た満点の星空とは裏腹に星ひとつ見えない哀しさ。そういえぱ普段の生活の中で空を見上げることなんてなかったなぁ。空を見上げてると、冥王星なんて人間がつけた名前はどうでもよくなる。星の数だけ生命があるのかな。しばししみじみとした。
posted by nakacorn at 23:53| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

富士山登頂

富士山に登って御来光を拝んできた。日本一の山、富士山。一度は登ってみたい山。

7時30分に自宅を出発、名神から中央道を抜け、駒ヶ岳S.A.で休憩。夏休み最後の土・日ということもあって車が多い。

S.A.の雰囲気が好き

河口湖I.C.で高速を降りて富士スバルラインに入る。通行料\2,000-ってなかなか高い。そして1時間ほどで富士山五合目到着。ここですでに標高2,305m、半袖では少し肌寒い。下界の蒸し暑さが嘘のよう。

この標高で車が走ってるのが不思議

五合目のレストハウスは4軒、この雲上閣というレストハウスの後ろには富士山がそびえ立つ。でも残念ながらあいにくの曇り空。富士山の頂は見えない。さすが雨男やね。

雲消えろ〜

西側のレストハウスはこんな感じ。団体含め、ほんまに人が多い。こんなに登山者がいるとは思わんかった。

ツアーが多い

ちょっとだけ山頂が見えてきた。でもまだすっきりせんな〜。

山頂の天気が気になる

広場の石碑には南アルプス連邦の白根山北岳、間の岳、農鳥岳が刻まれてた。日本で二番目に高い山、白根山北岳は標高3,192m。ここから観た夜明けの富士山はまだ記憶に残ってる。これを観てしまうと山から離れられなくなる。

南アルプスをトラバース

富士山を眺めながら、朝にぎってきたおにぎりを食べた。そして16時30分、いざ登山口へと向かう。これから御来光を拝みに行ってくる。見ての通り、登山者で渋滞ができてる…。この先、嫌な予感がする。

年配の方が多い

山らしく黒土の登山道、少しガスが出てきた。ちょっと寒く感じる。ペースを上げよう。それにしてもこの人混みはなんとかならんかな…。

いつまでも続く渋滞

ここが六合目、標高2,390m。おそらく日本一高いところにある交番。ここで登山者数をカウントしてる様子。山頂の天候は曇のち雨時々雷雨。気温2℃。嘘でしょ…。

ここからようやくスタート

もうすでに雲の上にいるらしい。でもまだ六合目越えたところ。先はまだ長い。

六合目付近

富士山をバックに記念撮影。でも山頂見えず。

小さっ

そして直後、辺りはガスに包まれた。10m先が見えん…。

視界10m以下

そしてついに七合目到着。標高2,700m、ここから岩場が始まる。

なかなか急ですな

そしてここから山小屋が連なる。まず一つ目は「花小屋」、ここで杖に焼き印を押してもらう。\1,000-の杖に焼き印ひとつ\300-、山頂にいたるまでに\5,000-近くかかる計算。

山小屋だらけ

さっきまでのなだらかな土斜面が嘘のようにごつごつの岩場。この岩場を利用して山小屋が16軒連なる。

人の姿がずっと続く

辺りが暗くなって懐中電灯で足下を照らしながら岩場を進むと、山小屋「東洋館」に到着。時刻は20時。ここで仮眠をとる。

これでも山小屋のなかではきれいなほう

こんな狭い山小屋に60人近くが宿泊する。もちろんぎゅうぎゅうの雑魚寝。宿泊環境最悪やけど、山にこんな山小屋があること自体おかしい。富士山はとても自然の山とは言い難い。

うどん一杯\900-

こんな狭いスペースで寝れる訳がない。この間隔でしかも頭と足が交互に並ぶ。信じられん。外でテント張った方がまだいい。

寝れたもんやない

そう思いながらも、前日徹夜で睡眠不足やったのか3時間30分爆睡。気づくとすでに23時30分やった。これから朝にかけて山頂を目指す。さて出発。

やっぱり雨男

外は見事に雨。さすが雨男やね。しかも半端じゃないほどの大雨。カッパを着ても雨が痛い。

山で雨に遭うのは初めて

夜の雨の中岩場を登る、最低の条件やね。岩場にも関わらず滑らないのが救い。

大渋滞

「白雲荘」という山小屋前で小休止。ここは八合目、標高3,200m。ついに北岳を越えた。この辺りは道幅狭くて人1人通れるくらいしかない。そして大渋滞が延々と連なる。進んだり止まったりかなりペースダウン。日の出までに山頂にたどり着けるのか?

日本一の山

眼下を見渡すと懐中電灯の光がまるで蛍のように連なる。人は全然途切れない。今、富士山に何人くらいいるんやろう?5,000人じゃきかんかもしれん。

かなり寒くなってきた

ここで曇ってた空が一気に開けた。そして辺りから歓声があがる。そこには満点の星空、いったいいくつ星があるんやろうと今までみたこともない星空にみとれてしまった。でも今見えてる光は何十年も何万年も昔のもの。宇宙にはどれだけの生命体があるんやろう…。しばし物思いに耽ってしまった。ほんの10分ほどの間に流れた星は4つ。速かったな〜。

街中ではぜったいに観れん

そこからは半分眠りながら歩を進める。そして5時20分、標高3,776mの山頂到着。ギリギリセーフ。この時の気温2℃、重ね着してても震えが止まらん。顎ががたがたいってた。そんななか、山小屋から暖かい缶コーヒーを売りに来てた。1本、\400-のぼったくり商売。そんな商売には加担できん。

夜明け前。Dawn Purple

厚い雲に阻まれながらも御来光を待つ人たち。幻想的な色やなぁ。

これを見たら山の虜

雲海の隙間からじわじわきましたよ。どこからともなく歓声があがる。

いよいよかっ

まるで空が燃えてるよう。

御来光を待つふたり

でも結局、厚い雲に包まれて御来光は拝めんかった…。そんなあほな…。ここまで上がってしまった太陽。空の水色と雲の白が綺麗。

日差しが眩しい

そしてあっという間に日が昇る。御来光を観にきたのになぁ。また来いっていうことか?

もう夜明けとはいえん…

下山道は荒い砂地の九十九折り。斜度は30度近くあって気を抜くと滑り落ちそうになる。しかもよく滑る。

膝に負担が…

さすがに大雨降っただけに見渡す限りのカッパ姿。あの半袖半パンの軽装マンはどうしたんやろ…。

下りは速い。でも距離は長い

今になってガスが消え、山頂がはっきり見えた。タイミング悪いな〜。富士山は植物が全くない岩山。これも休火山やからかな。雷鳥も高山植物もないし、人が多すぎて全然おもしろみのない山。そして初心者でも登れる山。一度登ったら二度と登らない山。

岩山ですよ

天気回復して快調に下ってたらまたガスに巻かれた。ほんまによく天気変わるなぁ。これじゃ景色を楽しめん。

視界悪すぎ

11時、18時間ぶりに登山口に戻ってきた。長いようでアッという間やったなぁ。達成感は全くない。また南アルプスに登りたいとさえ思ったね。無事に下山したものの、山頂では滑落事故があったらしい。27歳会社員が立入禁止区域を越えて火口に20mほど落ちたという。どこにでもわけのわからんことをする輩がいるんやなぁ。

無事下山

雲上閣でしばし休憩してから富士スバルラインを下りる。そして山中湖温泉『紅富士の湯』でゆったり温泉につかる。登山の後の温泉は気持ちいい。ここは温泉というよりスーパー銭湯の雰囲気やったけど。入館料\700-。

スーパー銭湯以外の何ものでもない

14時にここを出発。帰りも爆睡で多賀S.A.に着くまで眠り続けた。

すでに滋賀入り

目覚めると17時、すでに滋賀に入ってた。ここまで来たらもう帰ってきたようなもんやね。外は蒸し暑かった…。そして20時帰宅。充実した2日間、こんな週末の過ごし方もいいな。

posted by nakacorn at 22:10| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

24時間スーパー『Fresco』

24時間スーパー『Fresco』に行ってきた。午前3時すぎというのに賑わってた。なんでこんな時間に買物に来るんやろう…。そんな自分も来てたりするんやけど…。スーパーといえど、やっぱり24時間営業のお店は割高に感じる。コンビニよりかは安いけど。あぁ、今日も寝れんかった…。
posted by nakacorn at 03:59| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

睡眠1時間

睡眠1時間どころか0時間の日が続く。こんなこといつまで続くのか?完全夜型人間になっててその分昼間眠くなる。気が張ってるといいけど、気が抜けた瞬間に堕ちるこわさ。
posted by nakacorn at 02:24| Comment(4) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

日の出

朝帰り

突然涼しくなって秋の気配。朝、始発のホームは夜のそれと同じくらい好き。
posted by nakacorn at 04:56| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

『プラド美術館展』

夏休み中って…

7月15日から10月15日まで大阪市立美術館で開催されてる『プラド美術館展』のチケットが2枚ある。8月31日までは招待券で、それを超えると\100-引きになる。このチケットを有効活用する方法はあるのか…。
posted by nakacorn at 23:44| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

断酒宣言

「酒を断つ」と書いて断酒。最近、酒びたりの生活やった。そして家中のアルコールがなくなった。これを機会に禁酒、いや断酒宣言。アルコールの力に頼って何かを忘れたかったとか、体調おかしくなってきたわけではない。ただ単にそう思っただけ。アルコールが家計に及ぼす影響は高い。これでエンゲル係数5%以下を目指す。喉の渇きを癒す手段がひとつ減ったな。
posted by nakacorn at 04:51| Comment(8) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

『風の坂道』

小田和正の『風の坂道』が好き。普段は曲のリズムしか頭に入ってこんけど、この曲に限ってはすんなりと詩が頭に入ってくる。なんなんや?恋愛に飢えてるんか?でもこの曲は昔から好き。



君とはじめて会った その時から
自分が 変わってゆくのが分かった

君がはじめて 涙 流した時
人を傷つける 哀しさを知った

ありふれた日々が かがやいてゆく
ありふれた今が 思い出に変わる
誰れのものでも 誰れの為でもない
かけがえのないこの僕の人生

愛という言葉をはじめて 語ってから
このまま流されては 生きてゆけないと誓った

こうしてこの時が 続けばと願ってから
人生はやがて たしかに終わると感じた

ありふれた日々が かがやいてゆく
ありふれた今が 思い出に変わる
誰れのものでも 誰れの為でもない
かけがえのないこの僕の人生

言葉の前に走り出す いつも遠くを見ている
いいわけしていないか 怒りを忘れてないか
弱いから立ち向かえる 哀しいからやさしくなれる
時はこぼれていないか 愛は流されていないか

二人で生きる 夢破れても
二人立ち尽くしても 明日を迎える
誰れのものでも 誰れの為でもない
かけがえのない 今 風に吹かれて
かけがえのないこの僕の人生

ほんとうに大切なものに 気がついて
それを忘れてはいけないと 心に

決して それを忘れてはいけないと



posted by nakacorn at 00:44| Comment(4) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

1日5回

私は汗かきである。朝起きてシャワーを浴び、ジョギングしてシャワーを浴び、掃除してシャワーを浴び、出かけてシャワーを浴び、寝る前にシャワーを浴びる。今日は1日5回のシャワー。夏の掃除はジョギングするのと同じくらい汗をかく。Tシャツが1枚ぼたぼたに絞れるほど。そんなに水分摂ってないのになぁ。シャワーの後のビールは欠かせないけど。あれ?飲み過ぎか…。
posted by nakacorn at 23:53| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

愛宕山

愛宕山に登った。標高924m、京都で一番高い山である。山頂には愛宕神社があって、そこに参ることを目標とする人が多い。まずは京都駅から清滝行きの京都バスに乗る。市バスやなくて「京都バス」。京都バスに乗るのは初めてやな〜。

マイナー路線は市バス撤退

清滝といえば愛宕山。さすがにリュック背負った人が多い。

心霊スポット

京都バスに揺られること約51分、京都の心霊スポット清滝トンネルにやってきた。でもいつ来ても不思議な出来事に遭遇したことがない。もともと霊感全くないし。

そこの兵隊さん

しばし寄ってみる。おっと真ん中左あたりに見えるのは兵隊さん?わかりづらいかなぁ…。なんて清滝トンネルをしばし冷やかしてから愛宕山登山道をひたすら歩く。これだけ長いこと京都にいて愛宕山に登るのは初めてやったりする。まずは表参道から攻める。愛宕山って見晴らし悪いんやな〜。山頂までずっと何も見えず、ただ森の中を歩いてるだけ。そして山頂手前の社務所まで一気に登った。

貴船?

天気悪くて視界も悪い。まるで貴船神社のような雰囲気さえ感じる。下界はかなり蒸し暑かったけど、たかが900mで風が冷たく寒いくらいやった。山の上って気持ちいいね。

最後の階段

社務所から最後に続く階段を登る。ここを上がれば愛宕神社。最近では山を荒らす人が多いらしく、愛宕神社参拝者以外は入山を禁止するという看板が立ってた。確かに最近マナー悪い人が多く感じる。

何段くらいあるんやろ

最後の階段は意外と急。愛宕山は階段が多くて比較的しんどい山らしい。ほんまかな〜。たしかに900mというのに2時間30分もかかってしまったし。

もうすぐそこ

最後の門が見えてるね。もう山頂は目の前らしい。

暗すぎる

愛宕神社に参ってすぐに下界へ降りた。帰りは裏参道から帰る。山というより山の形をした神社のよう。愛宕山を一気に下ると、若い声がたくさん響いてた。

遠目

清滝の川、清滝川のそばでBBQしてる若者がたくさんいた。流れも少ないし楽しそうやったな〜。水着着て泳ぎながらBBQするのもいいね。目の前に滝もあった。BBQの穴場がこんなところにあったとは知らんかったな〜。駐車料金\800-を払うのは気にくわんけど。さて、あっという間に登頂して下山した愛宕山、景色を満喫できる山ではなくて、何の楽しみもない山やった。もう二度と登らんね。
posted by nakacorn at 23:09| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

お手前緑茶『京かおり』

一時期話題になった井六園のお手前緑茶『京かおり』をもらった。「もらった」というのは、ポルタ地下街のお土産コーナーの一角にある坪庭小路のお茶屋さんに知り合いがいて、その前を通ると必ず何かをくれる。気が悪いからいつもそこを避けてたんやけど、今日は通らざるをえない状況になった。そして暑いからとこのお茶をもらったというわけ。しかも3本も。3人で歩いてたから。そんな話しは置いといて、これがそのお茶。

何が話題になったかというと…

何が話題になったかというと、よ〜くこのペットボトルを見てほしい。あれ?ミネラルウォーターやないの?お茶の色ついてないやん。その通り。この商品は決して「お茶」とは書いてなくて「ミネラルウォーター」と書いてある。その秘密は…。

キャップに秘密あり

このキャップにあり。いったんキャップを緩めてもう一度締めると、あれ何か落ちましたよ。そこでシェイク、シェイク。あれれ、みるみるお茶の色になってきた。

でも売れてない…

そう、キャップに抹茶の粉末が封じ込められてて、上部のキャップを緩めてから締めると中の蓋が取れて抹茶が出てくるというわけ。そして新鮮な抹茶が飲める。なんとも京都らしい発想。でもこれがなかなか売れてない。福寿園の『伊右衛門』におされてる。というより全然見かけへんし。そんな井六園の本社は南区唐橋にある。そして社長の家は南区上久世にある。南区のことならなんでもこい。また話がそれた…。
posted by nakacorn at 22:34| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本語の難しさ

最近、主語を省略する人が多いと感じる。それ故理解に時間がかかるし誤解を招くことも多い。こんなこと外国人には全く理解できへんと思う。日本人でも理解するのが大変。あれっ、そんなことない?
posted by nakacorn at 02:23| Comment(4) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

唐橋の花火大会

1,300発

大津三大祭のひとつである近江一之宮建部大社の夏の神事「船幸祭」演出のひとつ、花火大会。約1,300発と一般的な数からいうと貧弱かもしれんけど、雰囲気としては見劣りしない。毎年8月17日に行われ、これを見ると夏の終わりを感じる。

最近の花火の傾向として、大型のスターマインがたくさん上がるのはなくなって、凝った形や色合いの小手先較べみたいなものがたくさん上がるらしい。確かに「どうやったらあんな形になるんやろ?」とは思うけど、全く迫力に欠ける。花火はやっぱり大きさと地響きするほどの大音量。心を揺るがすほどでありたい。
posted by nakacorn at 23:53| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

便器を舐められるか?

明治大学時代の星野仙一さんが島岡吉郎監督に便器を舐めさせられたのは有名な話。「真剣にトイレ掃除したのなら便器を舐められるはずだ」と。そして星野さんはロクに掃除もしてない便器を舐めた…。

ところで、あなたは自宅の便器を舐められるか?家族で住んでたら無理かもしれんけど、1人暮らしなら自分以外は使わへんしできるかも。もちろん、実際に舐めることは絶対ないけど、汚い所だけに常に舐められるくらい綺麗にしてたい。えぇ、うちのは舐められる。
posted by nakacorn at 02:51| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

五山の送り火

京都駅でたくさん浴衣姿の女性を見かけた。
どこかで花火大会でもあったのかと思った。
あぁ、今日は五山の送り火やった。
ということは京都駅ビル閉鎖されてたんやね。
鳥居形以外は自宅玄関から見える。
でもほとんど見たことない。
京都は外から見ると魅力的なところが多い。
実際住んでると知らないところが多い。
観光客のほうが情報通だったりする。

短かった夏の終わり。
posted by nakacorn at 22:30| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

『輝庭』

敷居高そう…

烏丸四条にある『輝庭』に行ってきた。間口が狭く高級な雰囲気を醸し出しててちょっと入りづらい。前から気になってて思いきって入ってみた。もちろん、ぐるなびとHot Pepperのクーポンを持って。今日は平日で\1,000-引きやった。ぐるなびクーポンやと、お昼のおばんざいバイキングが\1,280-から\980-になるのでお薦め。Hot Pepperにはない。

じゃんじゃんうるさい

個室ばかりで店内庭園もあるとのことで静かで高級な雰囲気を期待してたけど全く違った。ハードな音楽ががんがん鳴り響き、暗めの店内は若者向け。それでも入口や店員の対応は丁寧で好感が持てた。予約が必要と思って慌てて予約していったけど、特に必要やないと感じた。それほど賑わってるようでもなかったし。

ろうそくたくさん

店内の階段や通路、テーブルといたるところにロウソクの光が揺れる。演出は確かに凝ってるけど、少しばかりやりすぎな気もする。もうちょっと静かやったらまだ落ち着けたのになぁ。

お造り5種盛り合わせ

料理は価格設定が高めだけに凝ってて、運ばれてくると「おっ」と思う。ただ、味はいまいち。こんなお店は初めてやね。目では楽しめるけど、味には全く期待できない。決してマズイわけではないんやけど、おいしいとは思えるものがなかった。ビールはピッチャーかグラス。「グラスって何やねん?」とピッチャーを頼んだ。後でわかったんやけど、グラスが中ジョッキのことやった。店員の話によるとピッチャーは割高らしい。しかもグラスが小さなコップ。めちゃめちゃや…。日本酒、焼酎は豊富やけど、あまり聞いたことがないものばかり。期待してただけに全然満足できんかった。それでも1人\5,000-は思ってたより安かった。もう2度と行くことはないやろな。
posted by nakacorn at 23:52| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝電

ガーラガラ

朝から電車に乗って〜、どこかへでかけましょ〜。
行く先は〜、気の向くままに〜。

電車ガラガラ。
posted by nakacorn at 08:51| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お昼寝?

路上にカラスが寝てた。
ごろんと横になってた。
まさかお昼寝中?
傷ついた様子もない。
暑さにやられてしまったの?
またしてもカメラを持ってなかった…。
今日、もう一度見てこよう。
posted by nakacorn at 07:54| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

傘がない

都会では自殺する若者が増えている
今朝来た新聞の片隅に書いていた
だけども問題は今日の雨 傘がない

行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
君の町に行かなくちゃ 雨にぬれ
冷たい雨が 今日は心に浸みる
君の事以外は 考えられなくなる
それはいい事だろ?

テレビでは我が国の将来の問題を
誰かが深刻な顔をしてしゃべってる
だけども問題は今日の雨 傘がない

行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
君の家に行かなくちゃ 雨にぬれ
冷たい雨が 僕の目の中に降る
君の事以外は何も見えなくなる
それはいい事だろ?

行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
君の町に行かなくちゃ 雨にぬれ

行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
君の家に行かなくちゃ 雨の中を

行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
雨にふぬれて行かなくちゃ 傘がない

posted by nakacorn at 20:10| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地元の強み

火災のニュースを聞きつけて一番に飛んできたのは「京都新聞」。火災発生から2時間後のことやった。それから遅れること1時間30分、ようやく毎日新聞、読売新聞、関テレ、MBSがやってきた。やっぱり地元がいちばん強いんやな。京都新聞には大きく載ってた。
posted by nakacorn at 02:02| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

『神戸 北野坂 串かつ』

20本、30本…

『神戸 北野坂 串かつ』を買ってきた。神戸まで行ってきたわけではなくて京都高島屋で。ここの串かつはあっさり油っこくなく何本でも食べれる。さすがサラダ油100%だけある。麒麟淡麗片手に一瞬でなくなってもた。
posted by nakacorn at 23:52| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

夏の花火

目の前で火事。煙が上がってるだけで油断してたら、あっという間に火の手が上がって驚くほどよく燃えてる。そしてどんどん燃え広がって、3台の消防車が20台以上に増えてた。すでに4時間延焼し続けてる。これは朝まで燃え続けるな。こんなときに限ってカメラを持ってないのが悔やまれる…。煙臭っ。
posted by nakacorn at 22:45| Comment(4) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

せた

せ  た


たまにはこんな角度で撮ってみる。
主役は蛍光灯か?
何も考えてない構図で落第点。



posted by nakacorn at 23:55| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

『とようけ屋 山本』

何もつけないのがいい

とようけ屋の豆腐を買ってきた。ここの豆腐を食べたら他のは食べれなくなる。もちろん醤油なんてたらすのは問題外。何もつけずに豆腐の味を楽しむのが正解。豆腐は毎日食べても飽きない。そしてお腹が膨れる。ダイエットに効果的?
posted by nakacorn at 23:36| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すがすがしい朝

夏らしいすがすがしい朝。
ちょっとひやっとする風が気持ちいい。
posted by nakacorn at 05:02| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

何コーン?

黄色が好き

コーンです。
その色が好き、つやが好き、シンプルな味が好き。

だってcornだもの…
posted by nakacorn at 23:50| Comment(6) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

『ご存じ最中』

甘さひかえめ

寺町四条に本店がある「仙太郎」の『ご存じ最中』を買ってきた。ここの最中はあんこが甘さ控えめで絶妙の味わい。この最中を食べるまでは最中をバカにしてたけど、一転して好きになった。あんこの量が多いけど、ペロッと食べれるのが不思議。他にもあんこの少ない小さなタイプの『真最中(まっさいちゅう)』とあんこが別になってて自分で挟むタイプの『お好きにご存じ最中』もある。後者はお薦め。
posted by nakacorn at 23:50| Comment(2) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

味噌煮込み

突然ですが、京都駅の新幹線ホームにいます。

西へ東へ

これから小旅行。さて、西へ行こうか東へ行こうか…。
新幹線に揺られること36分、名古屋のシンボル、ツインタワー見参。

名古屋市内のどこからでも見える

やってきました名古屋。京都の街とは較べものにならないくらい大きくて、大阪のようなねちっこさもないし、どちらかといえばさわやか東京系。こんな名古屋の街は好き。

機能的?

名鉄ホームにやってきた。平日昼間というのにえらい混雑。名鉄には初めて乗る。車内の異常な寒さに驚いた。近鉄なんて汗かくくらい暑いのに…。

ホームにはさっそく見つけましたAED。

定番

駅のホームでよく見るのはオレンジ色のこのタイプ。ひとつ\30万というから駅には必ずと言っていいほど置いてある。このAEDは少し汚れてたから使われたことあるのかなぁ。このバッテリーは200回ほど放電できるらしい。意外に長寿命。出してみたい気にもなったけど、取り出すと大きなブザーが鳴るから大注目を浴びるんやろなぁ。

向かった先は、味噌煮込みうどんで有名な『角丸うどん』。

知らんかった…

味噌煮込みといったら『山本屋本店』と思ってたけど、ここもなかなか有名らしい。京都にも府庁前に『やまびこ』っていうすじ煮込みうどんのおいしいお店がある。

私の姿が…

昔ながらのつくり。味に期待してもいいのかなっ。
そして出てきました、オーソドックスな「味噌煮込みうどん」。

無言…

う〜ん、うどんはやっぱりダシの効いたしょうゆ味で食べたい。味噌煮込みっていまいちやと思った。いつもそう思うんやけどなぜか辞められん。もしかしてそれが魅力やったりして…。

名古屋の街には満足したけど、味噌煮込みにはがっかりして結局ういろを買って帰ることにした。

名古屋は名物が多い

これをじゃりで大混雑の新幹線に乗りながら頬張って帰京した。36分の距離じゃ小旅行とも言えへんね。新快速で芦屋までの距離やわ。でもまた行こっと。『美女と野獣』来てくれへんかなぁ…。
posted by nakacorn at 23:26| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生さんですか?

昨日の講習会で、同じグループだった熱心なコーチ風の男性(推定42歳)に聞かれた。

「学生さんですか?」

-「いえいえ、もう32ですから」

「えっ、社会人ですか?童顔だから若く見えるのかもしれませんね」

-「そんなに若く見えますか?」

この歳になって学生に見られるのは複雑な気分。海外でも学生と間違えられたし。そんなに若く見えるのか?白髪だらけやのに…。まだまだ大人の雰囲気にはほど遠いらしい。童顔なんて初めて言われた。

「何かスポーツされてますか?」

返答に困って、

-「カヌーしてます」

と言ってしまった。カヌーしてたのはすでに14年前。また何かスポーツ始めたい。
posted by nakacorn at 01:54| Comment(4) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

心臓の寿命は120年

「心臓の寿命は120年です。それを超えると止まります。これは遺伝子でそう決められてるのです」

こんな話を聞いた。以前、心臓は1億回脈打つと止まると聞いたこともある。でも真相は誰もわからない。

こんなネタを挙げたのはAED(自動体外式除細動器)の講習を受けてきたから。平成17年7月1日から、緊急の場合に限り一般の人でもAEDが使えるようになった。「誰でも簡単に使えるっていうけど、ほんまなん?」こんな疑問を投げかけ、偶然見つけた講習会に参加することができた。主催は京都市体育協会で、講習は京都市消防局が務めてた。

まずは開催場所の西京極総合運動競技場へやってきた。

炎天下です

ここに来るのは3年前の京都パープルサンガ対ベガルタ仙台の試合以来やね。

誰もいないトラックを走ってみたい

その中の「京都市市民スポーツ会館」に入る。

今まで存在を知らんかった協会

講習会場はここらしい。

「AEDを使った救急救命法を身につけよう」 〜いざという時のために〜

総勢27名

まずは座学。

後半眠かった…

ここで3時間のうちの半分、1時間30分を費やす。AEDって病院にある電気ショックと同じく、心筋の活動をよみがえらせるためにバンバン打つものかと思ってたら全然違った。詳しいことは専門家の指摘が入ると思うので誤解を避けるためにも語らないことにする。

AED(自動体外式除細動器)とは、心室細動が起こった時にこの心筋の不整合を止めるためのもの

らしい。要するに、倒れてる人を見つけたら、まずは救急車を呼んでもらってからAEDを探してきてもらう。その間にCPR(心肺蘇生法)を行ってからはじめて使うものであるということ。この時、AEDの電極を対象者の素肌上に貼りつけて(汗はふき取り、金属物は外す)AEDの判断を待つ。この結果、心室細動と認められた場合は、最高3回、2,000V30Aという高圧高電流を体内に流して心室細動を止める。心室細動が止まったら、自然に心臓が動く(1万人に1人くらいとのこと)か心停止状態になり、ここで再び心臓マッサージと人工呼吸を続けることになる。この間5分以内。カーラーの救命曲線によると3分以内(現在では4分以内)に心臓マッサージを行うと、脳に大きなダメージを与えず50%の確率で助かるらしい。これを参考に5分以内にCPRを行い、あるいはAEDの助けを借りてる間に救急隊が到着するのであとはプロに任せればいい。参考までに、日本の平均救急隊到着時間は約6分とのこと。

座学を終えるといよいよ実践。ここに横たわるは、女性の人形。これやってみたかった。

南極2号

まずは意識の有無を確認して、意識がなければ助けを呼ぶ。そして気道を確保して呼吸の有無を調べる。呼吸がなければ鼻をつまんで人工呼吸を2回繰り返し、循環のサインを調べる。

循環のサイン

 1.呼吸をしてるか
 2.咳をしてるか
 3.身体の動きはあるか


循環のサインがなければ直ちに心臓マッサージを行う。これをひとまず1人で一通りやってから、3人で分担して行う。さすがに1人ではなかなか手際よく進められず、せめて2人いればスムーズに作業できる。

本物の身体でないから感覚がわかりにくい

AEDが登場。この取り扱い自体は大きな音声で説明してくれるので非常に簡単。

頭薄いのは気にしないで…

ここまでやっても実際その場に遭遇したらパニックになって何もできないと思う。そして、定期的に復習してなかったらもちろんできないと思う。日本はまだこういうことに関しては後進国で、少なくとも一般人にはまず扱えないと思った。この講習会の内容を決して忘れずにいたい。いざという時がないのが一番いいんやけど…。

3時間の講習を受講すると「普通救命講習修了証」をもらえる。

消防局発行

この修了証にどんな効力があるか知らん(たぶん何もない)けど、受講した証明にはなるね。

裏面にはちゃんと氏名まで記載されてた。

救命技能を有するらしい

偶然にも今日は8月6日。夏らしい暑い1日やった。
posted by nakacorn at 22:18| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

真夏の夜の夢

久しぶりに夢を見た。
正夢かと思いきや、あくまでも夢やった。
そう簡単にことは運ばない…。
それこそ人生。
posted by nakacorn at 05:07| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

朝からビール

汗かいてシャワー浴びた後のビールは格別。
そんな毎日を送ってるとさすがに罪悪感がある…。

アル中かよっ。
posted by nakacorn at 05:34| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

癒しの家族

かれこれ愛しい娘たちと離れて3ヶ月。久しぶりに会いたいなぁ。そんな寂しい気持ちを紛らわすために、娘の写真を公開します。

何すんねん…

頭の上は自分で舐めれへんのよ。

だる〜

夏バテです。何もする気しないですの。

しめしめ

襲いかかるで〜。

なんて会話が聞こえてきそうな我が家族でした…。2人と遊びたい…。

posted by nakacorn at 23:16| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あーあ

またやられた。LOVELOGに記事消されたこと何度目か…。もう書く気せん…。
posted by nakacorn at 01:43| Comment(2) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

『ケーニヒスクローネ』

ピオーネって何?

『ケーニヒスクローネ』のゼリーをもらった。
果物丸ごと入ってて、その深い味わいが他のゼリーとは較べものにならなかった。

うまー

「ピオーネ」とあるぶどうをはじめ、グレープフルーツ、アロエ、みかん、チェリーと素材そのものよりも凝縮された味わい。ここの商品はどれも手抜きがない。ゼリーは特に好き。そして止まらない…。


posted by nakacorn at 01:54| Comment(4) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

どーん

本日8月1日(火)がPLの花火大会。1時間で10万発の輝かしい花火。開催日が本日やったのに驚いたね。あぁ、今年も逃してしもた…。
posted by nakacorn at 23:51| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。