2005年10月31日

『上海朝市』で中華

なかなか旨かったね

神保町の『上海朝市』に行った。中華料理だ。実は、まず『新世界菜館』に行ったんやけど、満席で入れず仕方なくここへ。でも姉妹店やし、似たようなもんやないかな〜。「ちょっと味が落ちる」っていわれたけど。でも旨かった。特に、餃子と小籠包が旨かった。今まで、餃子は王将、小籠包は冷凍食品が一番やと思ってたし。
そして初めて紹興酒を飲んだ。なかなか飲みやすくて身体が温まるね〜。満足した食事やったわ。

叙々苑よりよっぽどこっちのほうがええわ。中華万歳。
posted by nakacorn at 21:52| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小泉さん?

銀杏並木から神宮球場、国立競技場と歩いてたら、いやに警察官の姿が目についた。そして信号機をいじりだしたから「誰かくるのかな?」なんて思いつつ歩いてた。
そんな中、一人の若い女性が警察官に道を尋ねたところ「今から信号規制しますので横断歩道渡って下さい!」って言われてた。とまどう女性。あ〜あ、東京の警察官のイメージがその女性の中で悪いものになってしまったね。かわいそうに・・・。

すると、すごいスピードで白バイ2台に先導される黒い高級車5台とパトカー1台が目の前を通過。もしかして、内閣改造で忙しい身の小泉さんかな?下っ端の警察官がそんな話をしてたし。
あの車たちにはねられたらこっちに責任が問われるのかなぁ・・・。危険な運転やったけど。
posted by nakacorn at 17:21| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神宮外苑銀杏並木

有名な銀杏並木

ホンダショールームから神宮外苑の銀杏並木へ向かう。
一昔前のドラマ「愛という名のもとに」で有名になった並木道だ。以前来たときはえらい狭く感じたけど、今回は広く感じたなぁ。人間の記憶とはあいまいなもんやわ。
さすがにまだまだ銀杏は緑で、たまに黄色がかってるのがあるくらいやった。11月末あたりに来るときれいに紅葉してるんやろうな・・・。
posted by nakacorn at 17:13| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダ本社ショールーム

本社ショールーム
六本木駅から『叙々苑六本木本店』を横目に見ながら歩く。するといつの間にかそこは青山。そして、ふと道路の向かいを見ると数台のHONDA車が並んでる。あぁ、ここがホンダの本社か。故本田宗一郎氏が「ビルをわき見して事故が起きてはいけないから」と社名をビルに掲げないよう指示しただけに、ぱっと見てHONDAのビルとは思わなかった。でも、下の方に赤のHONDAロゴがあった。ちょうど植木で隠れるあたりに。さらに、シビックの大きなのぼりがあったけど、あれはええのんか?

さっそく、新型LEGENDに乗り込むと、その窮屈さに辟易した。もっともHONDA車にはNSXとS2000以外は全く興味ないしどうでもいいけどね。
それからショールームに入る。ありましたよ、HONDAのバイクがずらっと。

CB1300SFのあまりの大きさに圧倒され、逆にCBR1000RRの小ささに感動を覚えた。その重量差は50kg、重くて大きいバイクは嫌やね〜。といってもCBが重いんじゃなくて、CBRが軽すぎるだけなんやけど。ひと回りは小さいんやないかな。CB400SFとほぼ同じ重さやし。それから横に並んでるVFR800とCBR600RRにベタベタと触りまくる。車を見てる人はいっぱいいたけど、バイクはさっぱり。バイク人口少ないのが伺えるね。

ショールーム内にカフェがあって、もちろん無料と思ってたらお金払ってる人を発見。あっそ、有料なのね。本社ショールームなのに・・・。でも無料やったら喫茶店代わりに使われそうな気がする。
ここにも2時間弱いた。そして外は暗くなりつつあった・・・。
posted by nakacorn at 16:50| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電通四季劇場[海]

オペラ座観たい〜

電通四季劇場[海]にやってきた。あいにく月曜は休演でチケット窓口も開いてなかった。もちろんそれを知ってて来たんやけどね。あ〜、『オペラ座の怪人』観てみたいな〜。チケット取れんかったのが悔しくてならん。
それにしてもここの入口小さいな〜。終演してこんなとこから一斉に1,000人も出てきたらパニックになりそう。

四季劇場に行く前に、間違えて電通本社ビルに入ってもた。でっかいビルやな〜。どんだけ儲けてんねやろ。東京来てからというもの、上ばっか見てる気がする。
posted by nakacorn at 15:03| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜離宮恩賜庭園

ここにも庭園、都会のオアシス

浜離宮恩賜庭園へ。ここは心が落ち着くな〜。
あまりの広さに気づいたら3時間も経ってた。ぼーっとし過ぎたのも原因かな。
入園料\300-で落ち着けるいい場所や。

すぐ裏には「JR東日本アートセンター」がある。そう、四季劇場[春][秋]と自由劇場。
四季ネタばっかりやな・・・。
posted by nakacorn at 14:31| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月島もんじゃストリート

月島のもんじゃストリートを歩く。
さすがに午前中は閉まってる店がほとんど。
というより、開いてる店ないや〜ん。
しまった、夕方くるべきやった・・・。

PCない環境で全然リサーチできへんねん。なんて不便なんや。
ネットがなかった頃、どうやって情報集めててんやろ・・・。
仕方なく本屋に足を運ぶと時間があっという間に過ぎ去って・・・。
posted by nakacorn at 10:56| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

『叙々苑 游玄亭』

叙々苑游玄亭

叙々苑游玄亭新宿店に行ってきた。東京で焼肉を食べるなら叙々苑しかないということで。場所は新宿コマ劇場裏をちょっと東に歩いたところ。
カルビ一皿\2,000-となかなか高価で、確かに旨かったけど、あれくらいの焼肉出すところはいっぱいあるね。定員の対応は焼肉店の中では上位に位置すると思う。『カシータ』のように「涙を流して感動」するほどではないけど。
最後に頼んだ石焼ピビンパと冷麺がなかなか旨かった。デザートのアイスクリームはレベル低し。

新宿駅東口のアルタ前は歩行者天国になってたけど、週末はいつもそうなのかな・・・。
posted by nakacorn at 21:44| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沢田千秋ピアノコンサート

有名人らしい

沢田千秋さんのピアノコンサートを鑑賞。東京藝術大学の奏楽堂での日曜コンサートだ。
前半は、「荒削りだな〜」なんて思ってたんやけど、ショパンからベートーヴェンと弾くにつれ、その力強さに圧倒されてしまった。小柄な身体にも関わらず、とても大きく見えたね。そしてその音色に惚れてしまったほど。
沢田さんは、九州出身とおっしゃってて、ちょっと調べてみると、鹿児島 大分 出身。それから京都市立堀川高校音楽科を経て東京藝大へ進学。現在、博士課程在学中とのこと。別府でコンサートしてたりと大分にも貢献してて、なかなかの有名人のようだ。だけど、とっても腰が低くて好感が持てた。また聴きたいな〜。全5曲とアンコール3曲の合計8曲。いい時間を過させてもらった。博物館より有意義やったわ。
posted by nakacorn at 16:05| Comment(4) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒田記念館

開館日に注意

北斎展を観てから隣にある黒田記念館に足を運ぶ。
あれれ、閉館してるやん・・・。
開館日は水曜と土曜のみらしい。いけず。
posted by nakacorn at 13:06| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北斎展

上野公園を横切って東京国立博物館へ。
去年の今頃、『南十字星』を観にきたときに、上野動物園と国立西洋美術館に行ってマティス展を観たなぁ。そういえば、あの時も大雨やったわ・・・。

正門

まずは北斎展開催中の「平成館」へ足を運ぶ。

^平成館、新しいな

葛飾北斎(1760-1849)は、西洋の芸術家たちにも大きな影響を与えた浮世絵師で、70年にも及ぶ作画期間、常に新しい表現に挑戦し続け独自の芸術世界を確立した画狂人である。

ここでは、肉筆画・版画・版本の各分野から精選した最高質の作品約500点を展示してるとのこと。
雨の日曜日とあって、館内は大混雑。ゆっくり観てる余裕もなかった。迷惑おばちゃんもおったし。
こういった催しに頻繁に足を運ぶようになったものの、まだその心に触れることができない。ただ、ぼーっと眺めてるだけ。こんなんでいいのかな・・・。

常設展

次に、本館の常設展へ。縄文時代から江戸時代までの彫刻や刀剣、陶磁器などが展示してあった。
ささっとまわっても1時間はかかるほどの広さ。こっちはほとんど人がいなかった。がらがら。
posted by nakacorn at 12:34| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

『舟和』の芋ようかん

黄金色の芋ようかん

舟和の芋ようかんを頂く。
やっぱ旨いね〜。お芋の甘さがなんともいえん。
病みつきになる旨さやね。
また大丸京都店で買おっと。
posted by nakacorn at 21:16| Comment(2) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武道館

靖国神社から武道館へ。ほとんど隣合わせである。
ここでまた雨。なかなか冷たい雨やった。雨男だけに常に傘を持ってて雨対策は万全。

静かな武道館

武道大会やコンサートがあるわけでもなくひっそりとした武道館。でも外には中継車が停まってて、モニターには中の画像が映し出されてた。そしてこっそり中を覗いてみた。

ヤクルト70周年記念

すると、ヤクルトの70周年記念式典のリハをしてた。明日あたりに開催されるのかな。
武道館って意外に狭かった。ここでコンサートする意味がわからん・・・。
posted by nakacorn at 17:14| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

靖国神社参拝

大きな鳥居 広々境内

ライトアップでいい感じ

靖国神社を参拝した。
小泉首相の靖国参拝問題で話題となってる、A級戦犯が祭られてる神社だ。

A級戦犯とは、「終戦後の東京裁判における戦争犯罪人の区分で、指導的立場にあった人」のことを指す。A級戦犯が靖国神社に祭られている以上、日本の総理大臣である小泉さんが参拝するということは、戦争の正当化し、A級戦犯を美化するということになる。そのことが中国政府が反発する理由であるといえる。

境内はとっても広く、大きな鳥居は平安神宮を思い出させる。それに対して、本殿の大きさはこじんまりとしたものやった。次第に日が暮れてきて本殿がライトアップされ、いい雰囲気になってきてた。
後方に見えるのは法政大学のビル。東京の私立大学は高層ビルのようだ。
posted by nakacorn at 16:36| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『舟和』本店

浅草、舟和本店

 浅草といえば、『舟和』の芋ようかんでしょ。
 仲見世通りの舟和仲見世通り店を西に歩くと左手に見える
 のが舟和本店。ここで定番、芋ようかんを購入。
 6本入り\598-って中途半端な値段設定やね〜。一円玉い
 っぱいいるやん。
 帰るまで楽しみやわ。ここの芋ようかん大好き。

 ここからアーケードをさらに西に進んで、『やげん堀』の
 七味唐辛子、大辛を買うた。ここの七味唐辛子は清水の七
 味屋のんとはまた違った味わい。白菜の漬物にようあった
 けど、さすがに大辛は辛かった・・・。
posted by nakacorn at 15:50| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅草、雷門

雷門

浅草にやってきました。
定番、雷門の一枚。
さすがに観光客が多い。
ちなみにここの人力車は、京都南禅寺と同系列。嵐山も同じ。学生時代したかったバイトのひとつや。

ここから仲見世通りを抜けて浅草寺へ。

煙は清めるためのもの

いまだに「頭よくなりますように」って煙を頭にかけてる人がちらほら・・・。いやいや全然違うし。
浅草寺に参ると外は雨。ここでも雨男パワー発揮。
「晴男になりますように」って願えばよかったなぁ。
posted by nakacorn at 15:22| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清澄庭園

都会の中のオアシス

東京都指定名勝清澄庭園へ。渉成園によく似た雰囲気で心が落ち着く。入園料は\150-。
東京にはビル群の中にこういった庭園などの緑が多く存在するなぁ。大阪にもぜひ見習ってほしいところやな。

でかい口

園内の池には体長1.2mはあるかという立派な鯉や、鴨、カメがたくさんいた。
それにしても大きな口やわ。
posted by nakacorn at 14:48| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「重盛」の人形焼

こちらも行列

水天宮とは道路をはさんで、またまた行列。この行列はどうやら「重盛」の人形焼を求めるものらしい。ここって有名なんやろか?人形焼には魅力感じないなぁ・・・。
30mほど歩くと、たい焼き屋にも行列ができてた。しかも「高級たい焼き」やって。
どんなたい焼きやったんやろ・・・。
posted by nakacorn at 13:16| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『水天宮』

七五三で入場規制

安産祈願で有名な水天宮に足を運ぶ。
するとそこは長蛇の列。七五三で入場規制してるかららしい。待ち行列は全長500m以上になってたが、そこまでして参拝する必要があるのか?あまりの行列にあっさり通過。通行人にも迷惑やわ。
posted by nakacorn at 13:03| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『細雪』

近代的な建造物

明治座で『細雪』を観ようとしたが、残念ながらチケットは売り切れ。げふっ。
大空真弓、山本陽子、紺野美沙子、南野陽子と豪華な顔ぶれだけに、休日の当日券なんて残ってるわけないか・・・。昭和12年大阪の四姉妹に降り注ぐ不幸と成長を表現した作品。観てみたかった・・・。
posted by nakacorn at 12:35| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日乗車券

都営のみで東京メトロには乗れない

 東京都交通局の一日乗車券\700-を購入。
 これで都営地下鉄乗り放題。東京メトロも乗れればいうこと
 なしなんだが・・・。

 この時、都営地下鉄と東京メトロ共通券\1,000-の存在は知
 らなかったのさ。

 まずは人形町へ。
posted by nakacorn at 10:10| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨男

出かけるときは雨にあたる

 どんより曇り空。そして午後から雨との予報。
 あ〜出足が鈍る。
 どうしてこうも雨にあたるのか・・・。
 雨男パワー恐るべし。



posted by nakacorn at 09:27| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

『キャッツ』

想像以下の外観

五反田のキャッツ・シアターで『キャッツ』を観てきた。
キャッツ・シアターの外観は想像以下の大きさやった。「あれっ、こんなん?」って。
客席も1,200席を越えるとは思えないほど狭く感じた。横に拡がりがある分奥行きは狭いが、傾斜が緩やかなため後ろのほうは観にくいかもしれない・・・。
回転S席は開演前は180度回転してて客席が見渡せ、まるで舞台に立ってるような気にさせる。そして、対応の悪いスタッフの検札を通過して舞台に上がる。そう、回転S席につくためには舞台に上がる必要があるのだ。これが唯一の特典といったところかな。あと、開演直前にキャストと遊べるくらい。
いざ開演すると、非常に速い角速度で座席が回転した。30秒ほどで正面までくるとあとは何の違いもない。いったいこの演出にどんな意味が込められているのか少し疑問である。また、この回転座席の構造に強度不足が感じられ、キャストが動くたびに客席が揺れ、車に酔いやすい人なら気分が悪くなるに違いない。『マンマ・ミーア』の上昇する桟橋も然り、四季の舞台設計は大丈夫かと不安になる。

『キャッツ』を観たのは今回が初めてで、ストーリーがいまいちよくわからなかった。ただいろんな性格のネコたちが暴れまわってるだけにしか見えなかった。ミュージカルというよりバレエを観てる感じで、キャストの繊細で優雅な身のこなしに圧倒された。それに、観客サービス旺盛で、客席の一人が舞台に上げられたり、客席までちょっかいを出しにきたり、握手をしてきたりと「公演として」楽しめたが、脚本はいまいちと感じた。

キャストは総勢24人で、知ってるのは谷内ジェリーロラム、田島パストファージョーンズ、芝マンカストラップ、田邊ラム・タム・タガーの4人のみ。もちろんこの4人に釘付けとなってしまった。
谷内さんはソフィに、田島さんはガストンに、芝さんはユダに、田邊さんはスカイに見えた。特に田邊さんのダンスからは目が離せなかったな〜。人の目を惹く力があるように思えた。終盤では、真鍋ランペルティーザと握手できたのがちょっと幸せやった。そして、重水グリザベラが悲しげに唄う「メモリー」が心に残ったなぁ・・・。

カーテンがないだけに、カーテンコールがどこまで続くのか見ものだったが、なかなか考えた方法やと思ったね。最後は田邊さんがひとりで現れて、手を高々と上げ、イッチ、ニー、サンッとやるから、「だぁ〜っ」っとでも叫ぶのかなと思ったら、「ふぉ〜っ」やった。しかもポーズもそのまんまで。そんなことして浅利さんに怒られないのかな・・・。その後は、柴田恭平のようなジャンプで空中に消え去った。うまい消え方やったな〜。

キャッツ・シアターのベストポジションは、回転しない席の最前列、5列目のセンターやね。回転S席は一度だけでいいわ。もう一度『キャッツ』を観る機会があればの話だが・・・。
posted by nakacorn at 22:27| Comment(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

500系のぞみ

乗るなら迷わず500系、世界最速

13:09京都発東京行き500系のぞみに乗って東京へ向かう。
15:23品川到着予定。車内は意外に混雑してた。大人気のE席は取れずA席へ。
posted by nakacorn at 13:13| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

生ビール

生ビールを一気に3杯ほど飲みたい気分。
posted by nakacorn at 20:28| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠の別れ

ちーん

永眠されました。
posted by nakacorn at 19:31| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

突然の訃報

昨日25日(火)、友人が心筋梗塞により他界されました。42歳の若さでした。
突然の訃報に驚きを隠せない…。
本日26日(水)19:00より通夜に参列してきた。
故人はとってもいい顔をしてて今にも目を覚ましそうやった…。

先々週、祖母が亡くなったばかりなのに…。
これ以上続かないことを祈る。
posted by nakacorn at 23:26| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曇り空

今日は曇り空。
週末にかけて雨なのね。

さすが雨男。
posted by nakacorn at 12:45| Comment(4) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

布団デビュー

さすがにタオルケットでは寒くなってきて、昨晩布団を出した。
暖かかった。夜中目覚めずぐっすり眠れた。
今日辺り、シャワーも卒業か…。
posted by nakacorn at 08:47| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おじや

たまごキラキラ

鍋の翌日の朝食といえば…、おじやです。
posted by nakacorn at 06:21| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

鍋の季節

朝晩冷えてきて、北海道では初雪を観測したとか。10月終わり、そろそろ鍋の季節やな。
ということで、突然鍋をした。
鍋と言っても、土鍋を使った本意気なものではなく、雪平鍋で簡単に。
豚と鮭と野菜が大量にあったので、具には困らずなかなか賑やかな鍋になった。
もちろん、『七味家』の七味とその他の雑種Aは必須。
お腹膨れたね〜。食べ終わってから写真撮るの忘れてたことに気づいた…。
公開するほどのものでもなかったけど…。
身体も温まったしよく眠れる予感。
posted by nakacorn at 22:38| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MK45%引き

今日から3日間、25日(火)、26日(水)、27日(木)と創業45周年を記念して、MKタクシーが45%引き

さぁ、MKに乗ろう!
posted by nakacorn at 12:07| Comment(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

ホワイトバンドの目的

やっぱりいてた、ホワイトバンドの使途について理解せずに購入した人たちが。

世界的な貧困根絶キャンペーンに合わせて国内で300万個販売された腕輪「ホワイトバンド」に対し、購入者から批判が出ている。「売り上げの一部は貧困をなくすための活動資金となる」との触れ込みだったが、食料などを送るわけではなく、細かな使途も決まっていないため。事務局は「ホワイトバンドは『貧困をなくす政策をみんなで選択する』意思表示が狙い。分かりにくかったかもしれない」と説明し、店頭で、募金活動ではないことを強調する表示を始めた。
ホワイトバンド運動はアフリカの市民活動家らが、包帯や布などの「白いもの」を着けて貧困撲滅を自国政府や先進国に訴えたのが始まりとされる。今年7月に開かれたグレンイーグルズ・サミットへ向け、「ほっとけない世界のまずしさ」をキャッチフレーズに、70カ国の市民団体が運動を展開し世界に広まった。日本では約60の市民団体が事務局を結成し、PR会社「サニーサイドアップ」(東京都渋谷区、次原悦子社長)が協力。7月から、レコード店やコンビニエンスストアなどで1個300円の腕輪を発売している。
ところが、先月からインターネット上で、途上国を直接支援しないことへの批判が出始めた。事務局にも「途上国に募金が送られないと知っていたら買わなかった」、「利益の使途を詳しく知りたい」などの批判や問い合わせが約500件も寄せられている。8月に購入した千葉県柏市の女子大生(22)は「募金にならないなんて知らなかった」と話す。
このため事務局は、店頭に「途上国へ食料や物を届ける運動ではありません」と書いた黄色いステッカーの掲示を順次進めている。ホームページも同様の説明を強調するよう変更した。
事務局によると、材料費や流通費などを除いた売り上げの44%を、活動の広告費や事務局の人件費、政策提言の研究費、PRイベントの費用などにあてる。今月末までに詳細な使途を決めるという。今田克司事務局長は「運動は『世界に貧しい国がある』と考えるきっかけを作るもの。政策提言や声を上げるために資金を使う。それが途上国への募金と同じような意味を持つことを理解してほしい」と説明している。

【ホワイトバンド運動に詳しい紀藤正樹弁護士の話】
(購入者への)表示法が多少変わったとはいえ、ホワイトバンド運動は自分で白い布を着ければよい。そのことを明示していないのは問題だ。日本版の運動は「貧困をなくそう」という意思表示運動の起爆剤にはなったが、今後ボランティアといった行動に結びつくのか、課題が残っている。
何かしらの活動に参加するにせよ、その趣旨を十分理解しないまま右にならえで参加してる人が多い気がする。ホワイトバンドなんてのが急速に広まったのが疑問でならない。周りでしてる人を見かけたことないが…。
posted by nakacorn at 23:30| Comment(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地下鉄初乗り\610-

ロンドンの地下鉄の初乗り運賃が\610-となるらしい。

世界一高いとされるロンドンの地下鉄の初乗り運賃が、来年から3ポンド(約610円)と5割も値上がりする。ストライキや車両故障などによる遅れが慢性化する中で、値上げだけは毎年のように繰り返されており、利用者の反発を招いている。路線バスも1.5ポンドと25%アップする。値上げによる増収は約8,000万ポンド(約162億円)。ロンドンのリビングストン市長は「老朽化した車両や設備の更新などに資金が必要だ」などと値上げの理由を説明している。だが、値上げに理解を示す声はほとんど聞かれない。地下鉄の遅れは日常化しており、「値上げの前にやることがあるのではないか」(ロンドン中心部に勤める会計士)と、サービスの改善を求める意見が多い。
ただでさえ物価が高くて生活しにくいといわれてるロンドン、自動車の混雑料徴収制を導入して公共交通機関の利用を促したにも関わらず、これらの値上げに踏み切るとは思い切った行動だと思える。
'99にロンドン地下鉄で1日乗車券が3.8ポンドだったが、初乗りがそれに迫る勢いとは…。
暴動が起きないか心配。
posted by nakacorn at 20:17| Comment(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナルアンサー?

伊勢志摩ライナー。



ファイナルアンサー?

伊勢志摩ライナーに乗ったった。今回で2度目。
古〜い、オーソドックスな近鉄特急車輌に較べると、足下広くてアッカーマンも装備と快適な2時間。騒音や振動は新旧車輌で変わりないように思える。いっぱいでサロンカーに乗れなかったのが残念。
お疲れさまでした。
posted by nakacorn at 18:51| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浮上

浮上しました。
posted by nakacorn at 18:23| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

葬儀を終えて

これまで親族の葬儀は自宅で行われてたけど、今回初めて葬祭場での葬儀を経験した。
内宮の参道沿いにある葬祭場にて、通夜・告別式ともに段取りよくおこなわれ、漠然と通過儀式のように思われた。そのため、悲しみも感じることなくあっという間に終わってしまった。一部で涙を見せた人もわずかながらいたが、嗚咽する人もなく明るい葬儀だった。
脳梗塞で倒れてから3ヶ月で逝ったのは祖母の意思だったのかな…。祖父は9年間寝たきり生活を送り、祖母がほとんど一人でその世話をしたので、残されたものの苦労がわかってたのかも知れない。

久々に従姉妹に会って、その子供たちと自宅裏の公園で遊び回った。4人はそれぞれ7歳と3歳、かわいかったな〜。2人は寝屋川、2人は中国にいるとのこと。中国は厳しいけど、寝屋川やったら京阪で30分ほど。
ちょっくら遊びにいってみようかな。
posted by nakacorn at 08:37| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

帰宅

魂となる

魂となり帰宅されました。
posted by nakacorn at 17:13| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

告別式

間もなく炉へ

11時より告別式がおこなわれ、炉に入る前の最後の対面。

待ち時間に従姉妹の子供たち4人と暴れまわって、職員に怒られた…。
posted by nakacorn at 16:25| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

通夜

悲しみの夜

本日18時より通夜がとりおこなわれました。

posted by nakacorn at 21:44| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

故人帰宅

11:00に到着すると、すでに故人が帰宅されてた。

ちーん
posted by nakacorn at 11:23| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急逝

本日0:30、伊勢に住む祖母が急逝されました。たった今、連絡あったところ。
7月に倒れて入院中で、今週末にお見舞いに行く予定だった矢先である。
本日通夜ということなので忙しくなりそうだ。
posted by nakacorn at 01:49| Comment(3) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

声が出ない…

あれ?声がかすれて出ない…。でも思い当たることは何もない。
そして、頭痛もしてきたぞ。

これはもしかして…、








金欠病か?
posted by nakacorn at 00:54| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加茂町で毒グモ

京都府山城南保健所は、「10日午前11時頃、JR加茂駅東の町道側溝で、毒グモのセアカゴケグモ27匹と、その卵16個が見つかった」と発表した。京都府内でセアカゴケグモが見つかったのは初めてという。現在のところ、住民らに被害はないとのこと。

セアカゴケグモの生息調査を行っていた大阪市の生物調査会社代表吉田政弘さん(63)が発見し、11日午前9時半に町に通報した。そして、町と保健所の職員が現地でクモ27匹と卵16個を確認し、府保健環境研究所がセアカゴケグモと断定した。

この発見者は、どうしてそこでセアカゴケグモの生物調査をしていたのか?とても偶然とは思えないこの事件、もしかしたら誰かが捨てたのかもしれない…。
第一発見者を疑え。
posted by nakacorn at 00:46| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

vodafoneも定額制導入

ウィルコムに対抗して、vodafoneが\315-/月で特定の1人に対して携帯電話の通話やメールがし放題になる国内初の定額料金サービス「LOVE定額」を11月1日から始めると発表した。
このサービスはプリペイド式を除くすべてのvodafone社の携帯電話が対象だが、通話先は同社の携帯電話に限定されるとのこと。
通話料金を全く気にせず長時間話せるし、カップルにおすすめかも。1日1時間通話した場合、1分\40-で計算すると\80,000-近い金額になる。これが\315-なら利用しない手はないだろう。

vodafoneが一気に優位に立つか?
au、DoCoMoがどんな対抗策を打つのか楽しみだ。
posted by nakacorn at 20:10| Comment(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通話料無料

最近、新しい機種が出てよく耳にするようになったウィルコム。
このウィルコムには「ウィルコム定額プラン」なるものが存在する。
基本料金は\2,900-で、ウィルコム同士通話料無料(連続2時間45分以内)、メール送受信無料(送信全角1,000文字、受信全角10,000文字)。通話料金は、他社携帯電話\13.125-/30秒、一番電話、IP電話、PHS通話\10.5-/30秒と格安である。

なにより、ウィルコム同士通話料無料、メール送受信無料というのがうれしい。
他にトリックがなくて、もっとウィルコム人口増えれば買おうかな。
新幹線乗ってて通話できるのか疑問だが…。

ウィルコムサイトは、www.willcom-inc.com/ja/index.html
posted by nakacorn at 19:12| Comment(3) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

『ホワイトアウト』

『ホワイトアウト』を観た。

冷たさがいまいち…

日本最大の貯水量を誇る奥遠和ダムがテロリスト「赤い月」に占拠された。リーダーの宇津木(佐藤浩市)は、五十億円を要求し、呑まなければダムを爆破すると脅迫する。そんな中、人質になることを逃れた富樫(織田裕二)がひとりで立ち向かう…。

黒部ダムを舞台に製作されたこの作品は、真保裕一原作である。原作を読んでから観ると、あまりの違いに驚く。映画では限界があると思うが、いちばんの違いは「冷たさが伝わってこない」こと。原作を読んでみると、身体の芯まで冷えること間違いなし。アクションものの日本映画としてはまずまずの作品と思える。
また、黒部ダムのスケールが伝わってこないのを残念に思う。

キャストは他に、松嶋奈々子、吹越満、石黒賢、橋本さとし、工藤俊作、古尾谷雅人、平田満、中村嘉葎雄。

posted by nakacorn at 21:47| Comment(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

『グラン・ブルー』

『グラン・ブルー(グレート・ブルー完全版)』を観た。

ジャン・レノの名をひろめた作品

リュック・ヴェッソンが手がけた、フリーダイビングに命を懸けるふたりの男の友情を描く。この作品は、今は亡きジャック・マイヨールをモデルとしていて、'88年に公開された英語版の『グレート・ブルー』より50分長く3時間弱に及ぶ。

舞台はギリシャ、港で遊ぶイタリアとフランスの少年。そこでガキ大将だったイタリアの少年エンゾ(ジャン・レノ)はフリーダイビングの世界記録保持者として有名になり、内気なフランスの少年ジャック(ジャン・マルク・バール)は天才的な才能を世に示さず暮らしていた。ジャックを探し出したエンゾはシチリアでの大会に招待する。そして、その大会を通じてふたりの友情が…。

フリーダイバーなら観てないものはいないとされる作品で、ジャック・マイヨールの身体の分析やイルカと戯れるシーン、そこに生まれるラブ・ロマンスなどで構成される。ただ、あまりにもダラダラと長く、途中で飽きてしまった…。海に興味のない人間には面白くないかもしれない。
フリー・ダイビングの大会に日本人が出てくるが、なんだか情けなかった…。しかもへんな日本語やし。

完全版DVDは数量限定で発売されたらしく、現在手に入りにくい状況らしい。
それほど面白い作品とは思えないが…。
posted by nakacorn at 19:58| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

『彦左衛門』

ここは料亭?三条新京極東入ル北側にある『彦左衛門』に行ってきた。
敷居の高そうな石畳の路地を抜けると、そこはまるで料亭の造り。老舗旅館を改装して今年5月にオープンしたとこらしい。きれいな日本庭園を眺めつつ座敷へ導かれた。そこは、とても静かな雰囲気で焼肉屋とは思えなかったな〜。
休日のランチメニューは焼肉のみでロース・カルビ定食がそれぞれ\1,300から。上を見るとキリがないが、特選ロース定食\1,700-を食す。霜降りの肉を備長炭で焼くとそれはとろけるような味わい。
とても満足やった。
比較的空いてて雰囲気もよく、落ち着いてランチしたいならお薦め。ただ、今回は給仕さんの対応がいまいちやった。ぎこちない動作に、見ててドキドキした。胸に「見習い」とでも書いておいたほうがいいと思うね。
通路の途中にバーのようなカウンターもあったし、次は夜に行ってみたい。
久々に見つけたお勧めの一店。三条に寄った時にはぜひ。
posted by nakacorn at 19:55| Comment(4) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スターバックス三条大橋』

鴨川を眺めるいい場所

スタバ三条大橋で時間をつぶす。この三条大橋店は、鴨川沿いにあってとても眺めがいい。
1階は店内ちょっと狭いが、地下は比較的広くておすすめ。商品を持ってすぐ外に行く人たちは、ほとんどが地下に移動してると思われる。

スタバといえば、なんちゃらフラペチーノやら、なんちゃらマキアートを選んでたが、初めて「コーヒー」を飲んだ。味はまぁコーヒーかな≠ニいえる程度だが、その量にびっくり。ふたを開けると、すれすれまでコーヒーが入ってた。Shortだったけど、Tall並みに入ってたんとちゃうかな…。スタッフがよそ見でもしてたか?それともスタバのコーヒーってこんなもんなのか…。\260-、場所代と思えば安いかな。
posted by nakacorn at 18:27| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

551がある時

551の豚まんを買うてきた。

ほくほくジューシー

旨いね〜。\140-でこの味は他にはまねできへん思う。3食これでも飽きへんわ。
あかん、4つ一気に食べてもた。
posted by nakacorn at 19:42| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ブルース・オールマイティ』

『ブルース・オールマイティ』を観た。

笑いたい人に

ローカル・テレビ局でレポーターを務めるブルース・ノーラン(ジム・キャリー)は、自分にツキがないのを神様のせいにして文句をいう。同棲中の彼女、グレース(ジェニファー・アニストン)の慰めも耳に入らない。
ある日、ブルースのポケベルに呼び出しがかかり、それに応じると、そこには神様(モーガン・フリーマン)がいた。そして、「私の仕事に不満があるのなら、君がやれ」と神様のパワーを与えられて…。

コメディーらしく、ふふっと笑える作品。ジム・キャリー主演というだけで、内容はわかるかもしれない。心臓が口から出てきたり、爆弾飲み込んだりせず「普通に」笑えると思う。
前半はちょっとつまらないので30分ほど我慢が必要。
posted by nakacorn at 18:36| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜに月曜

またまた三連休到来。
9、10月は連休が多い。

ハッピーマンデーはいかがなものか?
週の中日に休みがあると嬉しかったりする。
posted by nakacorn at 18:01| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

押尾学、引退へ

押尾学が俳優業を廃業、インディーズで音楽活動に専念する。
矢田亜希子との熱愛が発覚した押尾学、周囲からの反感は強い。
posted by nakacorn at 17:05| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

狙撃

最近、エアガンによる狙撃事件が頻繁に取り上げられてるけど、以前から各地で起こってたと思う。
阪和道の事件で取り上げられたこの事件以来、中高生や若者の記事が目立つ。
どうしてこんなことを取り上げたかというと、2年前の冬にエアガンで狙撃されたことがあるから。
国道1号線を自転車で帰宅途中、真冬というのに助手席の窓が開いた黒いウィンダムが横を通り過ぎた時、太股に痛みが走った。すぐにエアガン(ガスガン?)で撃たれたとわかって、車のナンバーを覚えた。渋滞してたし、追いかけようとも思ったけど見失ってしまって、200mほど先に交番があるのを知ってたし、届けようとも思ったけど、軽くあしらわれそうな気がしたのと面倒やったのとで特に何もしなかった。帰宅して足を見ると、見事なBB弾の痕がついてたね。今なら飛びつきそうなネタやけど、当時は問題にもならなかったと思う。
posted by nakacorn at 23:40| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランキングトップ

最近、ダントツでランキングトップに躍り出た「ジョリーロジャース的。」はいつアクセスしても応答しない。
「音夢たんと俺の愛の日記 最終目標はラブホテル」の10倍近いアクセス数を記録してるが…。
これもLOVELOGサーバートラブルか…。
posted by nakacorn at 03:43| Comment(4) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

『コーリング』

『コーリング』を観た。

死者からの伝言

救急病棟の部長であるジョー(ケヴィン・コスナー)と、同じ病院の小児がん科で働く妻のエミリー(スザンナ・トンプソン)とはとても仲のいい夫婦だった。恵まれない子供たちのためのボランティア医療を希望していたエミリーは、ジョーの反対を押し切ってベネズエラに赴き、そこで事故に遭って命を失った。
ジョーは悲しみを感じないように、さらに仕事に打ち込んだ。ある日、瀕死状態の子どもがジョーの名前を呼んだ。そして、その日からジョーのまわりで不思議なことが起き始める。混乱状態に陥るジョー、これはエミリーからのメッセージなのか…。

原題名は『Dragonfly』、トンボである。そしてもちろんこれがキーワードになってる。さらに波打った十字架。ジョーのまわりで起こる不思議な現象の原因は…。死後の世界は本当に存在するのだろうか、それともそれは心の中にあるものなのか?そんなことを考えされられる作品である。
感動ものでもなく、ホラーでもなく、アクションでもない。可もなく不可もなくといったところかな…。
「信じてれば願いは叶う」これを伝えたかったんだろう。
posted by nakacorn at 21:08| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

ポー

つい先日30℃を越してたのに、雨のせいか冷える夜。
外では「ポー」と石焼きいもの音。
ちょっと早すぎやしませんか?
posted by nakacorn at 23:35| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粗品

赤十字血液センターから要請があって、献血ルーム京都駅前に行ってきた。
メールでの要請に応えると粗品としてディジタル置き時計をくれる。
もうすでに4個もあるし断ったら、「他にも選んでいただけます」とこんなものをくれた。

ダイソー

ダイソーのメモ帳だ。置き時計よりは使い道あるかな…。
posted by nakacorn at 19:54| Comment(4) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

『デイ・アフター・トゥモロー』

『デイ・アフター・トゥモロー』を観た。

氷河期襲来

壮大なスケールで一世を風靡した『インデペンス・デイ』のローランド・エメリッヒが挑んだ超大作、というふれ込みで話題となったこの作品。
異常気象によって超大型のハリケーンが発生し、北半球が厚い雲に覆われ氷河期を迎える。その大寒波は徐々に南部へと拡がるなか、父と子の親子愛について語る。

大洪水のシーンはCGとは思えずリアリティー高い作品だけど、現実味が全くない。前半、東京にひょうが降ってくるシーンがあるが、おそらくハリウッドで撮ったセットなんだろう。アメリカ人からみた東京の姿が表現されてるところが違和感ありすぎ。逆にそれが面白いが…。
期待してただけにがっかりした。特に得るものはない作品やった。決してお薦めではない。
posted by nakacorn at 21:39| Comment(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

IHが欲しくなる

ガスレンジの掃除をした。

clean

ここの掃除をするたびに思う。
「IHクッキングヒーターが欲しい」と。
多少汚れはするものの、拭くだけで終わりの手入れには憧れる。
ガスレンジはさすがにそうはいかないもんなぁ…。吹きこぼれでもしようもんなら何もする気がなくなるし。
でもIHは火力の調節がいまいちわかりづらい。
posted by nakacorn at 22:31| Comment(6) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまた不調

昼頃まで全くアクセスできなかったけど、ようやく反応。
またLOVELOGにやられた…。
このおもてなしはいけずのつもり?
posted by nakacorn at 18:37| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スクール・ウォーズ HERO』

『スクール・ウォーズ HERO』を観た。

ドラマにもなった実話

1974年、校内暴力の嵐が吹き荒れる高校に、一人の教師が赴任した。舞台は、これまで3度の全国制覇を果たした山口良治総監督率いる京都市立伏見工業高校ラグビー部である。主人公は、ラグビー元全日本の名選手である山上修治(照英)。不良の巣窟と呼ばれる、伏見第一工業に体育教師として赴任し、荒れ果てたラグビー部を立て直そうとするが…。

まさかあの『スクール・ウォーズ』のもとになったのが京都では最も有名なラグビー部の名門、伏見工業高校とは恥ずかしながら知らなかった。
もちろん舞台は伏見工業高校から、伏見稲荷大社、京阪伏見稲荷駅、伏見の酒蔵と見慣れた景色。いつロケしてたのか気になるところやった。
初めて対戦した強豪大園高校には112対0で敗れ、そこから部員らの闘志が沸いてくる。
1984年の山下真司が出てたドラマでは「大分舞鶴」も「鶴舞高校」という名前で出てたなぁ。確か109対0で負けた相手。大分舞鶴は大分では常勝の、ラグビー部で有名な進学校である。
実話ということもあり、前半は荒れ果てた生徒やラグビー部を立て直す山上の姿に心動かされるが、後半は少しずつまぬけな展開となっていくところが悔やまれる。

キャストは他に山上の妻、悦子を演じる和久井映見、内田朝陽、SAYAKA、中川家剛・礼二、里見浩太朗、間寛平、宮川花子など。ちなみに、監督の関本郁夫も伏見工業の出身である。
そして、この原作となった山口良治は現在も伏見工業高校のラグビー部監督を務める。
posted by nakacorn at 01:40| Comment(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

督促状

住民税の督促状が届いた。

地獄のお告げ

第2期の納付期限を過ぎてしまってから放ったらかしにしてたんやった…。
今月末は第3期の納付期限。税金無駄に使われてると思ったらなかなか納める気になれへん。
自動引き落としにされてたら有無を言わさず徴収されるしまだあきらめもついてええなぁ。
でもいつかは払わなあかん…。
posted by nakacorn at 20:24| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。