2005年08月31日

こんな時

ネコの手を借りたい。

ぷにぷに
posted by nakacorn at 19:44| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

がぁぁぁぁ〜ん

宿題おわらん。
posted by nakacorn at 23:54| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

イザリウオ

蒲江ビーチダイブは最低の透明度。
午前中、透き通るような透明度で期待していたが、午後になって最悪に。透明度は4〜5mくらいでこれまでのなかで最も低かった。ちょっと気を抜くとバディを見失うかと思うくらい。かすかに見えるフィンを追いかけるのに必死やった。

そんななか、エキジット直前にイザリウオと遭遇。
生イザリウオは初めて!
体調10cmくらいで、アオムシのように、のそっ、のそっと歩いてた。やつは魚というより、他の生物と思える。

こいつは何者?

イザリウオに会ってなかったら、あまりの透明度の悪さに発狂してたね。
posted by nakacorn at 19:47| Comment(4) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

3度目の地獄

3度目の地獄にいった。

これがしゃれにならん・・・

今回7人。1人完食、2人麺のみ、1人ギブアップ。
でも今日はなんだか辛さ抑え気味だったような気がする。するすると食べれたし。

今日はマシ

ここはほんといい話題づくりになる。
「日本一辛いラーメン」と言って間違いないやろう。
でもイマイチ流行ってないんだな〜、これが。
これから地獄を前面に押し出してこぉ〜。
posted by nakacorn at 23:26| Comment(4) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

ミッションオイル交換

S2000のミッションオイルを交換した。
最近、ギアの入りが渋くなってきた気がしたから。前回いつ交換したのかは不明である。

まず、下に潜ることから始めるが、もともとS2000は車高が低いため、左前をジャッキアップする。
底部を左側からのぞくと、6速ミッションが見える。

どれがフィラーでどれがドレンかわかるかな

まず受け皿を準備してから、17mmメガネレンチでフィラープラグを緩める。

これがフィラープラグ

フィラー側から緩めるのは、もしドレンを緩めてフィラーが緩まなかったらどうしようもなくなるから。
これは言うまでもなく常識である。
次にドレーンを緩める。すると、思ったよりきれいなミッションオイルが出てきた。

これがドレン

抜けてるオイルを見てるときれいに思えたけど、受け皿に溜まったオイルを見るとこんなに汚れてた。

どす黒くはないけど結構汚い

抜けきったところでドレンプラグを締め、フィラー側から新しいミッションオイルをあふれるところまで注入する。サービスデータによると規定量は1.48Lだが、1.6Lほど入った。今回は、BPの80W-90を選択。灯油のポンプで一気に入れると楽である。

こんなんでちんたらやってたら日が暮れる

十分アイドリングしてから軽く走りに行ってみた。以前よりギアがスコスコ入る気がする。
たぶん気のせいだと思うけど、気持ち的に軽くなった。
次はリアのデフオイル交換。でも今は手持ちの工具がないしおあずけ。
posted by nakacorn at 16:48| Comment(0) | 車、バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋のマイアヒ

今年の3月あたり、WOWOWで流れてたこの曲、『恋のマイアヒ』。
「なんだか頭に残るな〜」なんて思ってた。すると、最近いろんなところでよく聞くやん。
どういう経緯で流行ってきたのか知らんけど、こんなサイトまであった。

恋のマイアヒ

これはなかなか面白いね。
作者に拍手を送りたい。


さらに、こんなのもあり。

恋のマイアヒ ver.2

いったいいくつあるんやろう…。
posted by nakacorn at 01:58| Comment(2) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

天照石

自宅に天照石の荷物が代引きで届いた。天照石を含んだヘアバンドと腹巻き、ストッキングである。
この3点セットで\11,550-。外見はいたって普通の代物である。
母が購入したものらしいが、こんなものが本当に効くんだろうか・・・。
しかも、\20万もするマットレスまで買おうとしてる。これは何とかして阻止せなあかん。

天照石について調べてみた。

「天照石」とは、大分県と宮崎県の県境の深山から発見された鉱石のことである。太陽光線の照射や自然の動的な力・エネルギーを吸収して電位を獲得し、4〜14ミクロンの遠赤外線(育成光線)を再放射するらしい。 放射する遠赤外線(育成光線)は、細胞の活性化と免疫力を向上させると、医学博士である丹羽先生という方が臨床結果を出しているそうだ。
効能は、
血流障害、冷え症、不妊症、肩こり、関節炎、膝の関節炎(変形性関節症)、血管閉塞 、
生理痛、便秘、倦怠感、関節リウマチ、運動障害
などである。


ほんまやろか・・・。
posted by nakacorn at 20:36| Comment(4) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

New Beetle オイル交換

欧州車のオイル交換は初めて

New Beetleのオイル交換をした。
オイル交換について、Volkswagenの推奨は「1年もしくは15,000km毎で、1,000kmで約1.0Lオイルを消費するのでなくならないように継ぎ足すこと」である。現在の走行距離は5年で18,000kmということもあり、この6月の車検ではオイル交換はされてなかった。ブレーキフルードは交換されてたが・・・。
そして、オイルを見るとどす黒くてもう限界と思えた。Duoに頼むとだいたい\8,000-取られるらしくアホらしい。土・日にトヨタディーラーで実施してるオイル交換フェアは工賃込みで\2,100-だが、輸入車は受け付けてくれないとのこと。
これまで自分の車はすべて自分で整備してきたが、この車は触ったことなかった。
取扱説明書を見る限り、ディーラーで交換することが大前提となってるようで、オイルの容量すら書いてない。ネットで調べるも、まったく情報はなし。

ということで、試行錯誤でオイル交換を始めた。
まず、ドレンボルトを探すと、オイルパン後方にシルバーに光っていた。ただ、路面とのクリアランスが少なく作業がしにくかったので、まずはジャッキアップ。それからオイルの受け皿を用意して、19mmのメガネレンチでドレンボルトを外す。
エンジンを少し暖めておいたので、暖かなどす黒いオイルがなみなみと出てきた。

溢れやせんかの〜

受け皿から溢れ出るかというギリギリでオイルは抜けきった模様。今回、オイルフィルターは換えてないので、全容量は4.0Lで、3.5Lほど抜けたというところかな。
写真ではわかりにくいが、抜いたオイルはこんなにどす黒かった。

湯煎にかけたチョコレート

ジャッキを降ろしてドレンボルトを締める。もちろんワッシャーは交換しない。「再利用不可」なんていうけど、交換したことはない。

そしてオイルを注ぐ。今回はモービルの10W-30,SLグレードの安物オイルに、「マイクロフロン」と「マイクロセラU」を添加した。レベルゲージを見ながら500ccずつ継ぎ足していくと、3.5L入ったところでゲージのFullを越えそうになった。予想通り全容量は4.0Lといったところか。添加剤の混合により、2,000回転で20分間アイドリングしてなじませる。ただ、実際は20分ほどドライブして代用した。
オイル交換していつも思うのは、車が軽くなったということ。おそらく気のせいだとは思うけど、気分的にかなり軽くなってる。自分の車ではないだけに何ともいえないけど・・・。
次は3,000km走行後に換える予定。高いオイルを長く使うより、安いオイルを頻繁に換えたほうが絶対いいと思う。あっ、給油してくるの忘れた・・・。


posted by nakacorn at 22:44| Comment(4) | 車、バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

献血350回記念

赤十字献血センターから姉宛に荷物が届いた。
『献血350回記念品』らしい。
350回って、頭おかしいんやない?
まぁ、実際おかしいけど・・・。
そんな姉は今、痛風に侵されている。

記念品は、 献血ルーム京都駅前オープン に紹介してるものと同じものやった。

posted by nakacorn at 19:50| Comment(4) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

やっぱり外が好き

喉をゴロゴロ鳴らしながらじゃれて噛みつくハルミちゃん

天気がいいと外でゴロゴロする。
やっぱり外が好きなんやね〜。

posted by nakacorn at 19:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

新井敏弘氏ビッグアイで爆走

国民新党と新党日本の違いは?

今週末の27、28日にビッグアイで「スバルフェアー」が開催されるらしい。入場無料。
しかも、WRC SUBARUチームのワークスドライバー新井敏弘氏のデモランがあるだけでなく、大分スバルで26日までにF型インプ(WRX以上)を成約すると無条件で同乗走行ができるらしい・・・。
新井さんの走りを見てみたいな〜。
以前、奴田原さんの走りを生でみたけど、そんなに速いとは思えなかったし。

今週中に契約して、同乗させてもらってから、クーリングオフで契約解除するってのもあり。

posted by nakacorn at 22:45| Comment(3) | 車、バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

蒲江ビーチと体験ダイビング

夜が明けると、そこは雨だった。こんなにどんよりした空。

蒲江ビーチはいつもどんより

そして、さらに雨や風が強まり、まるで嵐のようになってきた。こんな状態で潜るのか?トーンがかなり下がってきてたけど、少し小降りになって全員の意見がまとまった。
「せっかくここまできて潜らんわけないやん」と。
朝に到着した2名を合わせてガイドなしの8名でタンクレンタルダイブ。
透明度は3〜5mといったところ。視界不良ダイビングにもってこいだ。ガイドがいない分、のびのびと自由に潜れるけど、誰も案内してくれないので魚たちは自分で探さないといけない。でもこんなダイビングもいいな。
今日はいつものバディがいないので新規バディを組む。しかし・・・、2日酔いの影響か?「調子悪い」と潜行せずに上がっていった。何それ?翌日に影響するほど飲むな≠ニ言いたい。
約50分のダイブは特に楽しいこともなく、浮上するとそこは大雨。震えながらダイバーズルームへと逃げ込む。
こんなダイビングを続けてるから嫌いになるんだろうなぁ・・・。

ダイビングを終えて帰るつもりやったけど、午後からの体験ダイビングの手伝いをすることになった。
14名の体験ダイビング者に対して、スタッフは3人。これは少ないということで、2名を除く全員が残った。これでスタッフ7名。これだけいれば邪魔なくらいだろう。水中組4名と水上組3名に分かれてミーティング。
どんよりとしてた空も日差しが照るいい天気へと回復してダイビング日和となった。

汗だらだらの陽気に着替えたことを後悔

14:00から始まった体験ダイビング、14名の老若男女がプールでの講習を終え、インストラクターに引っ張られて海底へ。「ニモ」のモデルとなったクマノミを見て終了。その時間5分ほど。

本当にダイビングをしたいと思ったら、体験ダイビングなんてしちゃいけない。さっさとCカードを取るべきだ。日本の海にいいところはないけど。

16:30と予想よりかなり早く終了し、心地よいだるさを感じながら2時間のドライブを満喫した。

この週末、なかなか楽しい時間を過ごした。
posted by nakacorn at 22:39| Comment(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

BBQ?

21:00過ぎ蒲江到着。
そこには男3人がすでにできあがってた。
もちろんそこに食材はすでになし。
17:00からやってたらしい。
もっと早く言ってくれれば途中で買っていったのに・・・。
ここからは一番近いコンビニでも20分はかかる。
後参加組5人は自然と飲み会となってしまった・・・。
持っていった『いいちこ』蹴飛ばして割ったりと散々。

たいして盛り上がりもせず、夜は次第に更けていった・・・。
posted by nakacorn at 23:56| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蒲江でBBQ

これからBBQで蒲江に向かう。
雨が心配。
posted by nakacorn at 19:20| Comment(0) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雨のなか

午後から大雨に見舞われた。
夕立のようでいてなかなかやまない。
雷も鳴っていた。

そんな中、オイル交換した。
走行距離がちょうど5,000kmを超えようとしてた。オイル自体はそれほど汚れてはなかったけど、十分に酸化されているのは事実。今回も「マイクロフロン」と「マイクロセラU」を添加した。このふたつはエンジン内の摩擦を減少させて、燃費の向上に役立つもの。はるか昔から使い続けているが、添加直後は2〜3km/Lの向上がみられる。


トヨタ自動車のディーラーでは土・日限定でオイル交換を\2,100-で実施してる。普通車で4Lとすると、工賃込みで\2,100-だからオイルを買ってきて自分で交換するより安くあがる。軽自動車だと割安感はないけど、普通車だったらお得やね。ただ、輸入車は受け付けてくれないみたい。

試乗ついでに行くのがちょうどいい。


posted by nakacorn at 16:53| Comment(0) | 車、バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LEXUS

郵政民営化なんてどうでもいい

LEXUS大分に行ってきた。
8月30日のオープンを前に、お得意様を対象に内覧会を実施しているとのことで、ディーラーの担当者に招待してもらったのだ。
ショールームに一歩足を踏み入れると、そこはジュエリーショップのような落ち着きと静けさで、迎え入れる者を違う世界にやってきたと思わせる。
フロントマンの対応は腰が低くて丁寧ではあるものの、徹底的に教育されたという感が否めず、経験からくる余裕がみられなかった。
だだっ広いショールームに置かれていたのは、GSとSCの2台のみ。車内に乗り込んで見たが、「さすがLEXUS」というような驚きはなく、ただ現行アリストとソアラのモデルチェンジという感じだった。そこにLEXUSオーナーとしてのもてなしを受けるだけの上乗せが\100万。それを高いとみるか安いとみるかは個々の価値観によるだろう。
オーナーズルームにはSCと同じ本皮を使ったソファが並び、納車室、整備工場と見せてもらったが、それほど驚くものではなかった。もちろん、驚いてはみせたが・・・。

LEXUSブランドが日本で受けるのか・・・。
失敗するような気がしてならない。

posted by nakacorn at 14:11| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

地獄リベンジ

深島ダイブ後、ショップにやってきたメンバーと4人で『さんこう軒』に行った。
そう、地獄リベンジである。

目立たないところにあるのが難点?

途中、yabbieがはぐれるという期待通り(?)のハプニングがあったけど、閉店間際に滑り込んだ。

今回チャレンジするのは、nakacorn含め2名。その勇気に拍手を送りたい。

待つこと5分ほど、出てきました「地獄ラーメン」。

このどす黒さに眩暈を起こすかも

今回は「スープも全部飲み干してみせる」と誓う。
一口すすると、懐かしい脳天を突き抜けるような刺激が襲う。

向かいを見ると、泣き叫ぶ者1名。これほどの辛さは経験したことがないらしい。結局、店員さんの「辞めたほうがいいですよ」という助言に、口をつけただけで断念した。
でも笑ってはいけない。
絶対無理やし。

そんな様子を伺う余裕もなく、吹き出る汗を滴らせながら一滴も残さず完食した。

食べ物を粗末にしてはいけません

麺はなんとか食べれると思うけど、スープがかなりつらいと思う。
涙が出なかったから、もしかしたら前回よりも辛さはマシになってるのかな・・・。

なんだか病みつきになりそう。

罰ゲームにいかが?

posted by nakacorn at 23:22| Comment(10) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深島ダイブ

深島ダイブしてきた。

7:00にショップへ集合し、いざ蒲江に向かう。ガイドは店長でその他6人。
お盆の深島は透明度が30m近くあったらしく、今日も透明度が気になるばかり。しかし、店長がガイドの時、決まって透明度が悪くなるというジンクスがあるらしい。せっかく深島まで行くんだから、いい海であって欲しい。前回もいまいちやったし。

蒲江のマリンカルチャーセンターに到着し、ここでインストラクター1名と体験ダイビングのお客さん1名と合流。ボートに器材を積み込んで深島へと向かう。蒲江ビーチの透明度は良くない。

20分ほど揺られると深島到着。
ここで体験ダイブ者をビーチに下ろす。
深島ビーチの透明度はいい。少し期待が膨らむ。

底がよく見える

港から5分ほどでダイブポイント到着。ハチマンからソウノハエへと流すらしい。

天気もいいし期待は大きい

バディは当然のようにyabbieである。どうして「当然」なのか?それは過去ブログにあるかもね。
照りつける夏の日差しの下、バックロールでエントリー。水温は27.0℃くらいあるのかな、寒さは全くない。
寒い時期にしか潜ったことのないnakacornは、「ダイビングは寒いもの」という固定観念が出来上がってしまってるのだ。さすがに夏のダイビングで震えることはないと思うが・・・。

いざ潜行。

・・・・・・・・・・

最低。
透明度悪すぎ。10mもないんじゃない?

魚にも地形にも興味はないけど、店長ガイドにへばりついて行く。するといろいろ見せてくれるけど、やっぱり何とも思わない・・・。
ここに魚を紹介したいのはやまやまだけど、興味ないだけに覚えられない・・・。調べるつもりもないし。

1本目を終えて深島上陸。ここで昼食をとる。
昼食後、しばし昼寝をして休憩。

ビーチでシュノーケリングをしてた数名が、イザリウオとネジリンボウを発見したらしい。
そんなに希少なのかよくわからんけど、なんだか騒いでたし珍しいんだろう。

画像を拝借します。

イザリウオ ネジリンボウ


イザリウオはかわいい顔してるね〜。捕食シーンは驚きだが。海の妖精クリオネに近いものがある。
ネジリンボウは名前のとおりだ。

2本目はモッコクを攻める。
ここは地形が楽しいという。
しかも、体験ダイブ者を一緒に連れて行くという。なんてお得な体験ダイビングだ。
体験ダイビングといったら、蒲江ビーチを5分ほど漂うだけなのに。

潜行してみると・・・、なんやこの透明度は・・・。
5〜6mといったところか?ぼ〜っとしてるとバディを見失うかと思えるくらい悪い。さすが店長。

50分弱の潜水を終え、浮上するとそこは高い波。
しかも船長さんがエキジット用のハシゴを海中に落としてしまうというトラブル発生。
全員器材を外して船上に上げてもらい、ボートのヘリをよじ登る・・・。
「おそらくこんな体験ダイビングなんて他にはないだろう」と思いながら終えた深島ダイブ。

透明度は悪いし、yabbieのノリは悪いし、いいことなかったな〜。
バディは解消は決定やわ。
最後にちょっと昔のyabbieを見せてくれたけど。そんな1枚。

これでもまだまだノリは悪い

posted by nakacorn at 21:21| Comment(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

BLUE EARTH 21大分

地球は青かった

3ヶ月ぶりにダイビングショップに顔を出した。
珍客にもかかわらず歓迎していただいて感謝。
そして、ガラッと変わった店内に酔いしれ、しばし会話を楽しんだ。
nakacornさん、田ノ浦行きましょうよ〜と悪魔の囁きがどこからともなく聞こえてきた。
「田ノ浦」とは大分で最も有名な低透明度を誇るビーチである。そこはまるで汚水の中で潜ってるようだと言われる。それでもタツノオトシゴがいるのが唯一の救いかな。ショップから10分ほどのところにあるので、必然的に頻度が最も高くなるビーチのはずだが、一度も潜ったことはない・・・。

大分の海では二度と潜らない≠ニ心に誓ったはずなのに、潜る準備をしてきた自分が情けない・・・。

夕方、明日予定されている深島ボートダイブにキャンセルがあったらしく、nakacornさん、明日深島行きましょうと再び閻魔様の囁きが・・・。
深島は大分で最も透明度が高いとされ、県外からも集まる人気の海である。
くどいようだけど、大分の海に興味はない。
それでも誘いを断れない小心者は首を縦に振るのであった・・・。じつは後ろから操られてたらしい。

夜になって仕事を終えた常連さんが続々とショップに集合。今週末、蒲江ビーチでバーベキューすることになった。こないだ釣り上げたホオジロザメの肝と身を持っていこっと。

ダイビングは好きではないけど、ダイビングショップでくつろぐのは楽しい。

posted by nakacorn at 22:17| Comment(2) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

いかりやま温泉

ホリエモンが広島から出馬?

本日2回目の温泉に行ってきた。
片島にある『いかりやま温泉』。

少し茶色がかったナトリウム炭酸水素泉で、循環してない正真正銘の天然温泉である。
アルカリ泉ということもありお肌はツルツル。やっぱり温泉はアルカリ性でこそ実感できる。

水風呂、サウナ、大浴槽と3つの浴槽からなり、男湯は1階、女湯は3階。
女湯には露天風呂もあるらしい。
1階にある休憩所には、無料のマッサージチェアが置いてあり、テーブルには小腹を満たすサツマイモがある。
そして、このサツマイモに手を出したが最後・・・、必ずやすぐ横にある自動販売機に手が伸びるだろう。
これも営業戦略か?いずれにせよ、心地よい休憩所で1時間はすぐに過ぎてしまう。
ただ、つくりは昔ながらの銭湯といった感じなので、綺麗なところとはお世辞にはいえない。

営業時間は14:00〜23:00、大人\300-。
近所の方がお風呂代わりに使ってるらしく、21:00くらいまでは混雑する模様。
浴槽は小さいので混雑時は避けたい。

ワールドカップアジア最終予選のイラン戦終了間際で、休憩所は熱いおっさんらであふれかえってた。
posted by nakacorn at 23:26| Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国冷麺を食す

帰宅途中、お腹が空いたと感じ、旨い中華を教えてもらうと、中津留にある『芳華』がいいという。場所はOBSを越えて左側にあるというのでさっそく寄ってみた。

あまり目立たない外観

一見さんやし、普通の冷麺、中を注文した。\650-也。
ここは注文してから麺を打つそうで、麺の硬さや太さの好みを聞いてくれる。

店内の様子。8席のカウンターと2つの狭いテーブル。お世辞にも綺麗とは言えない。
おばあちゃんとおばちゃんの二人で仕切っているようだ。
そっけない愛想はいただけないなぁ・・・。
お客さん入ってきても笑顔一つなし。

ここは冷麺屋?メニューが少ない

注文してから16分後、出されたのは韓国冷麺やった。そして、少な目のスープにチャーシューとキムチがのる。

食欲をそそられない盛り付け

韓国冷麺はもともと好きである。
しかし、ここの冷麺はいまいち受け付けなかった。
麺のコシもそれほどなく、キムチに味わい深さもなかった。
おいしいと有名だと聞いてきたが、かな〜り期待はずれやった。
もう二度と行かんと思う。
posted by nakacorn at 17:50| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塚原温泉

由布岳登頂後、由布岳の裏側、塚原にあるpH1.4の強酸性泉で有名な『塚原温泉』に行ってきた。
ここに行くときは、車を選ぶ。
晴れの日は車は真っ白、雨上がりはドロドロ、雪の日はスタックとかなりひどい道である。今回で3度目。

気持ちいい汗をかいた

その終点に小さな集落がある。
右側の小屋にある自動券売機で\500-の入浴券を購入する。
家族風呂、露天風呂も別棟にあり。ちなみに露天風呂は\600-である。

浴場は狭く、5人が限界といったところ。
黄色がかった温泉は、pH1.4というのが嘘のように普通に入れる。
ただ、顔を洗うことはお勧めしない。
温泉が目に入ると、少しヒリヒリするし。

盗撮

こんな穴場の温泉でもお盆休みとあって、車が15台ほど停まってた。大分ナンバーと県外ナンバーが半々くらい。県外といってもすべて九州圏やった。

身体もホクホク暖まり、十文字原の広大な景色を横目にドライブしながら市内へと向かった。

posted by nakacorn at 17:16| Comment(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

由布岳登頂

16年ぶりに由布岳に登った。
山は変わらずそこにあった。




上りは安全な西ルートを選択。
登山道はとても歩きやすい。
鳥のさえずりを聞きながら心を洗われるかのような気分で歩を進める。
誰ともすれ違わないのが不思議でならない。



そして、頂上を目前にして、西峰と東峰の分岐点が現れる。



まずは西峰を狙う。
途中、断崖絶壁でチェーンをつたって登る。
昔こんなのあったかなぁ・・・。
チェーンも新品のように光ってるし。



西峰登頂、標高1584m。
Tシャツに半パン、スニーカーというふざけた格好でも登れる山。
しかも手ぶらときてる。
眼下には湯布院の町並みが広がる。いい景色だ。



いったん分岐まで降りて、東峰登頂、同じく1584m。
ここでも1枚パチリ。



下りは「上級コース」という東コースを選択。
獣道のような細いところあり、90度の断崖絶壁ありと、軽装では厳しかった。
しかも、天候が怪しくなって急いでると、滑って右ひじ負傷。流血した。



なんだかんだいいつつ、7:00に登り始め、12:00に降りてきた。
片道1時間30分と誰にでも簡単に登れる山、由布岳。
休日というのに、2パーティー4人しか遭遇しなかった。
人気ないのかなぁ・・・。

久住山は少なくとも1,000人くらいすれ違う。

posted by nakacorn at 16:53| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

庭でバーベキュー

安田美沙子はJR京都伊勢丹でスカウトされたらしい

夕方、庭でバーベキューをした。
蚊に刺されることを覚悟してたが、蚊取り線香のおかげで一切刺されることなく快適に楽しんだ。
昼過ぎに一雨降ったこともあって涼しかった。
もちろん食材にはきのう釣ったサメの身と肝も並んだことは言うまでもない。
BBQに魚は意外とあうものだ。
厚揚げもうまかったりする。

posted by nakacorn at 19:41| Comment(2) | BBQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

佐賀関〜臼杵沖

G.W.のリベンジで再び漁船に乗って釣りに行ってきた。
今回は、関アジ、関サバで有名な佐賀関沖から臼杵沖へと流し、サバとイサキを狙う。
他の漁船より二周りは大きな漁船に船長含めて4人と少人数。

曇り空

4:00に神崎漁港を出港して、およそ1時間30分。初めのポイントに到着。
魚探をもとに電動リールで45m付近を狙う。
すると、ここでは狙ったとおりのイサキがヒット。しかも40〜50cmとかなり大きい。

大漁

ほぼ入れ食い状態で5匹あげて次のポイントへ。
しかし、移動してからさっぱりかからなくなり、2時間ほど漂う。
それからしばらくして、イシダイの子どもをダブルでヒット。
そして、50cmはあろうかという立派なイシダイをあげた。

今日一番の釣果

それからハゲを5匹あげ、昼も近くなったので引きあげようとした時、船長さんの仕掛けになにやらとてつもない大きなものがかかった。

角が鋭い

初めはブリか?≠ネんて言ってたけど、あがったものは・・・、ホオジロザメ。体長1.2mやった。船長さんもサメは初めてらしく驚いてた。

顔はとってもかわいい

浅瀬でクロメを採って本日の釣りは終了。
ホオジロザメをその場でさばいて、刺身をいただく。タイのような淡白な白身でなかなか旨かった。そして肝がまた絶品で、日本酒を嗜みながらほろ酔い気分で港に戻ったのであった。

posted by nakacorn at 17:44| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

735kmドライブ

四国の水不足はかなり深刻

13日夜、京都を車で出発して国道1号、2号、10号をひた走り、14日13:00大分に到着した。
今回はかなりやばかった。
眠くて意識不明に陥ること3度。
途中、岡山あたりの道も覚えてないし、センターライン越えたり外側線を踏んだりと、かなり危ない運転やった。事故らなかったのが不思議なくらい。

行橋で大渋滞に見舞われたにもかかわらず、無給油で735kmを走りきった。
あいかわらずS2000は燃費がいい。15.4km/Lは立派な数値だろう。10・15モードで12.0km/Lやし。

がまんがまんの運転を終え、それから山に走りに行ったのは言うまでもない・・・。
posted by nakacorn at 16:38| Comment(0) | 車、バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

激動の1ヵ月半を終えて

6月末から激動の1ヵ月半を終えた。
毎日、他の事を考える余裕すらない毎日やった。

そんな生活にも一段落して、久々にミュージカルに触れてみようかと思った。
四季のサイトを覗いてみると、新たなニュースが続々とあった。

まず『アイーダ』が10月30日に千秋楽を迎えること。
京都公演はまだ一度も行ってないし、一度は行かんとなぁ。阿久津ラダメスも観てみたいし。
でも、濱田アイーダは『李香蘭』に出てるしなぁ・・・。
そうそう、『李香蘭』の公演が四季劇場[秋]で行われているのだ。

野村さ〜ん

『異国の丘』、『南十字星』と四季の昭和三部作をふたつ観劇してるだけに、『李香蘭』の公演を心待ちにしてたのだ。李香蘭はもちろん野村玲子さん。この方外しての公演はありえない。チケットゲットせねば。

そして、『アスペクツ オブ ラブ』の保坂ローズ、石丸アレックス、光枝ジョージ。
『クレイジー・フォー・ユー』の加藤ボビー、樋口ポリー。

夏休みだけあって、四季はかなり力をいれてる様子。
この機会に日本縦断四季観劇ツアーに出ねばならぬ。

posted by nakacorn at 13:17| Comment(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

犬に噛まれる

とある家の玄関を開けたとき、玄関の中で激しい犬の鳴き声がしたので、すぐに閉めた。
飼い主の了解のもと再び玄関を開けたら、ヨークシャーテリアが飛び出てきた。
飛び跳ねるヨークシャーテリア。
そして太ももをカプリ。
思わず蹴飛ばしてやろうかと思った。

犬のしつけは飼い主の責任だとつくづく思う。
犬すらまともにしつけができない飼い主に犬を飼う資格はないと。


ちなみに犬は大嫌い。
臭いし。
posted by nakacorn at 22:47| Comment(4) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

びっくりドンキー 宇治槙島店

宇治の花火大会に行く前、宇治市槙島にある「びっくりドンキー」で食事をした。アレフというどこかで聞いたことのある名前の会社が展開するハンバーグファミリーレストランである。

そして、食事を終えた時、事件は起こった。
ウエイトレスが友人の背中に、下げようとしたお皿を2枚落としたのだ。
その背中はドレッシングで汚れ、シミがついてしまった。
すると、店長が飛んできて新しい台布巾を2枚持ってきて「これで拭いてください」と。
それだけやった。

それってどうなん?
おかしくない?

文句を言ったら、「クリーニングさせていただきますので、明日ご自宅まで伺わせていただきます」やって。現状復帰は当たり前やろう。サービス業たるもの、お客様に不愉快な思いをさせた時、どういう対応をすればその気持ちを少しでも和らげることができるかをまず一番に考えるべきではなかろうか・・・。

しかし、ここの店長は何事もなかったかのように済ませようとした。文句ひとつ言わなかったらクリーニングさえしようとはしなかっただろう。
なんとか事態をうやむやにしてしまおうというやり方に疑問を持った出来事やった。
こんな対応しかできない所に二度と足を運ぶことはないだろう。

「びっくりドンキー 宇治槙島店」侮れぬ。

posted by nakacorn at 00:33| Comment(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

宇治川花火大会

びっくりドンキーで事件が・・・

19:30から宇治橋附近で行われた宇治川花火大会に行ってきた。21:00までの1時間30分、7,000発と少なめの花火が、ゆっくりと打ち上げられた。
宇治川の花火大会は花火の上がる間隔が広くて、盛り上がりに欠けるのが難点。
宇治橋まで行くと大混雑なので、今回は車で旧立命館宇治高校前まで行って、そこから眺めた。それでもほとんど真下で見ることができて大満足。主催者によると、19万人の人出だったとのこと。

今回は、源氏物語にちなんで、「源氏ろまん」をテーマに全10部で構成され、「平安の四季」、「光源氏は永遠に」と名付けられたスターマインなど約70種類が打ち上げられた。
そして最後を飾る約1,500発の大スターマインでは、空全体が真っ白になるほどの勢いだった。

ここ最近、火薬の種類も進化してるのか?以前は赤、橙、黄、緑、青、紫と単色ばかりだったけど、薄い水色や薄い緑、淡いピンク等、これまで見られなかった色が見られた。
花火は金属元素の炎色反応を利用しているのは有名な話。これらの淡い色はどんな金属元素なんだろう・・・。
今年はあといくつ花火大会に行けるかなぁ。


救急車が2台も通ったけど、けんか騒ぎでもあったのかな・・・。
posted by nakacorn at 23:43| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『赤福氷』

『赤福氷』を食べに伊勢の赤福本店まで行ってきた。
父の田舎が伊勢と言うこともあって、伊勢神宮は内宮、外宮ともに小さいころからよく訪れた。しかし、『赤福氷』なるものの存在を知ったのは2年前。夏、おいしそうに食べてるのを横目に見ていたが、\450-のかき氷には興味は全くなかった。「ただの抹茶かき氷やん」と。

しかし、最近、Blogで『赤福氷』について盛り上がってたのを読んで、いてもたってもいられなくなったというのが本音である。

ドライブがてらR163、名阪国道、R23を走ること3時間で内宮到着。「赤福本店」には第二駐車場に停めたほうが近いが、あえて内宮に最も近い宇治橋ふもとの第一駐車場に停めた。
それから「赤福内宮前支店」の前を通り過ぎ、本店に向かう。
本店に入ると意外なほど人が少ない、見渡すと『赤福氷』を食べてる人は皆無。「おかしい」と思って聞いてみると、『赤福氷』は向かいの店舗でやってるとのこと。なるほど、そこには『赤福氷』を求める行列ができていた。

ごった返す店内・・・、に見えない?

\500-に値上がりした赤福氷券を購入し、番号札を受け取って待つことおよそ15分。
出てきました、念願の『赤福氷』。

いたってふつうのかき氷

思ってたより小さい・・・。
見た目は普通の抹茶かき氷だ。

何はともあれ食べてみることにする。
甘い練乳がかかっていて、まぁいける味。
そして途中まで食べていくと出てきました、赤福が。
でも、赤福が丸ごと入ってるわけではなくて、小さな白玉2つと赤福のあんこの部分が1個入ってた。

なかには赤福あらず・・・

白玉はかき氷にはあうわな・・・。だけど、赤福のあんこはあわんかった・・・。あんこの甘さがくどすぎて、かき氷の甘さがすべて飛んでしまった。そして、その食感がまたいただけない。

期待してただけに裏切られた気分やった・・・。
そしてお土産に本店で『赤福3個パック』を買って帰った。
posted by nakacorn at 22:54| Comment(4) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

『恋は邪魔者』

今日は熱帯夜?

『恋は邪魔者』を観た。

「女性が社会で生きていくためには恋愛は邪魔者にすぎない」という本でデビューを飾ったバーバラ・ノヴァク(レニー・ゼルウィガー)は、本の宣伝のために、プレイボーイで有名なジャーナリスト、キャッチャー・ブロック(ユアン・マクレガー)に記事を書いてもらおうと申し出る。しかし、キャッチャーは、スチュワーデスとのデートに夢中で取材を毎回ドタキャンする。ところが、偶然にも本をテレビで紹介してもらってからバーバラの本が世界的なベストセラーになる。一躍有名人になったバーバラは、テレビでキャッチャーを名指しで批判し、それに逆上したキャッチャーは、バーバラの主張を台無しにするため彼女を恋に落とさせようと、NASAの宇宙飛行士を偽ってバーバラに接近する。
キャッチャーの顔を知らないバーバラは、まんまとその罠にはまってしまい…。

最後のどんでん返しには予想すらできなかった。
恋のかけひきはやっぱり女性の方が一枚も二枚も上だなと思ったなぁ…。
レニー・ゼルウィガーの名演ぶりに拍手。
ストーリーは『10日間で男をフル方法』によく似た感じだった。
前半はつまらなく感じるかもしれないが、後半はおもしろくなる。

でもお薦め映画ではない。

posted by nakacorn at 23:59| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

びわ湖花火大会

中途半端な雨がパラパラと降った

8月8日は毎年恒例の『びわ湖花火大会』。
今年は、水遊びや秋まつり、クリスマスなど「四季」がテーマらしく、大きな弧を描く「しだれ八方やなぎ」などの新作や、斜めに上がるスターマイン、魚や星などの形を模した変わり種などの花火、約10,000発が19時30から約1時間にわたって打ち上げられた。今年の人出は35万人だったらしい。

見てる限りはどれが新作かよくわからないのが事実。
去年みたいに直径350mにもなる巨大ながあがるとわかるくらい。
もちろんきれいなので文句はない。
ただ、花火が上がらない間がありすぎて醒める。PLのように途切れず上がってほしい。

いつもの如く琵琶湖周辺は交通規制で大渋滞。
大津付近は国道1号しか幹線道路がないにも関わらず、車でくる人が多いのは不思議でしょうがない…。
電車も通勤ラッシュ並みに混むけど…。
花火はバイクがベスト。



posted by nakacorn at 23:06| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

右腕が…

1日中炎天下で運転してたら右腕か見事に焼けた。
シャワー浴びたらヒリヒリヒリ…。
そういえば太陽光線をひしひしと浴びてたような気がする。


あっ!日焼けで思い出したっ。
今年の8耐いつの間にか終わってるやんっ。
誰が勝ったんやろ…。
でも、誰が出てたのかさえ実は知らない…。

posted by nakacorn at 21:58| Comment(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

『来来亭』

『来来亭』で餃子定食を食べた。
前回は瀬田店、今回は京田辺店。
野洲に本店がある滋賀県発祥のラーメン屋で、京都・滋賀に急速に店舗を増やした。
店員のサービスと元気良さは文句なく、ここのラーメンはなかなかいける。
麺の硬さやスープの濃さ、背脂の量、ネギの量、一味、チャーシューについて希望通りにしてくれる。
餃子もまあまあ食べれた。

次は幻の「葱ラーメン」を食したい。

posted by nakacorn at 23:15| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

敦賀ドライブ

敦賀までドライブしてきた。
8月1日から湖西道路が無料開放されて、山科から1時間30分の距離とかなり近くなった。
敦賀は海水浴客だらけで他県ナンバーばかり。
それに工事も重なって渋滞がひどかった…。

敦賀まで行っておきながら海に入らなかったのが残念。
そんな余裕はなかった…。

敦賀って何もないのね。

posted by nakacorn at 23:44| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

『深呼吸の必要』

アッという間に8月突入

『深呼吸の必要』を観た。

沖縄でのサトウキビ刈りのバイトに都会からやってきた5人が、「キビ刈り」を通して友情を深め、団結していくという物語。
5人はそれぞれ問題を抱えていて、35日間のハードな毎日を仲間と過ごすことによって自分をみつけていく。

主役の香里奈もさることながら、長澤まさみが脇役ながらいい味を出している。
キャストは他に、谷原章介、成宮寛貴、金子さやか、久遠さやか、大森南朋、北村三郎、吉田妙子

「なんくるないさー」を合言葉に、5人が結束していく姿に共感した。
前半は退屈だが、次第に目が離せなくなってゆく。

こんな邦画をどんどんつくってほしいなぁ。

監督は『天国の本屋〜恋火』と同じ、篠原哲雄氏。
posted by nakacorn at 19:29| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

無料HP容量拡大

DIONの無料HP容量が2005年10月から拡大される。
ADSLコースでは20MBで物足りなく感じていたが、ようやく100MBまで使えるようだ。
DIONの低いサービス体勢もようやく他社に肩を並べるレベルになってきたか…、いやまだまだかな。

それでも、気にせず大きなファイルをアップできるようになるのは嬉しい。
これでプロバイダ移行計画は延期になりそうだ。

posted by nakacorn at 04:53| Comment(4) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

10,000kmを越えて

とんでもない嵐のような雨が降った

PEUGEOTのMTBを購入してついに10,000kmを越えた。
片道22kmの通勤に使ったりと使用頻度が高い割にはトラブルが少ない。
時間があったので、各部の点検とグリスアップをした。そのついでに、つるつるになった後輪タイヤを前輪と入れ替えた。これでまだまだいけるはず。

自転車は車・バイクと違ってお金かからんところがええね。ガソリンの高騰にも直接影響されんし。

まだまだがんばってくれよ〜。
posted by nakacorn at 19:59| Comment(5) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

IXY400トラブル

ひさびっさの夕立で傘さして洗車。車ピカピカ

デジカメの調子が悪い。
IXY300からIXY400に乗り換えたところ、撮影済みの画像がよく消える。
IXY300ではノントラブルだったが、IXY400では頻繁にこのトラブルが発症。

しかも今回は大事な画像だっただけにかなり悔やまれた。
現在、修復ソフトにて修復作業中。

CANONだけじゃないけど、近頃の電子機器はモデルチェンジのスパンが短くて完成度が低くなってる気がする。いくら新しい製品を出してても完成度が低かったら客は自然と離れていくと考えはしないものか・・・。
posted by nakacorn at 22:40| Comment(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。